クマのウンチは嘘をつかない~動物の素顔への近づき方~#02

気がつけば前回の更新から一ヶ月。ずいぶんと間が空いてしまいました。
さて第二回は、前回に続いて動物撮影のお話。動物の素顔に近づくための、遠回りだけど、とても幸せな撮影スタイルを解説します。

■ ペンギンは歩く鳥?泳ぐ鳥?

いきなりですが「ペンギン」って聞くと皆さん、どんな姿を想像しますか?氷の上を「よちよち歩いている」って答える方がほとんどじゃないかな、と思います。かくいう私も野生のペンギンを見たことはないのですが、イメージはやっぱり「よちよち歩き」です。

…ですが、聞いたところによると、多くのペンギンは陸に上がるのは換羽や子育てなどの特別な時期がほとんどで、実は海中で多くの時間を過ごすのだそうです。Paul Nicklen の撮影したミサイルのように海から飛び出すペンギンの写真を見て、驚く人も多いのではないでしょうか。海中で長い時間を過ごし、素早く泳ぎ回るペンギンは、「歩く鳥」というより「海を飛ぶ鳥」と言った方が相応しいのかもしれません。  

ではなぜ、ペンギンのイメージは歩く鳥なのでしょうか…?
それは僕たちが歩いているペンギンの写真や映像ばかりを見ているから…。そしてその理由は恐らく、極度に冷たい海中を疾駆するペンギンの撮影が難しいから、というのが、大きな理由の一つなのではないでしょうか。

同じことが、私が被写体として追うヒグマにも言えます。
講演など人前でクマの話をするときに必ずと言っていいほど皆さんに投げかける質問があります。
「クマって何を食べていると思いますか?」
そう。多くの人は「サケ」と答えてくれます。もちろん食べるのですが、それは彼らの主食、というわけではありません。年がら年中、サケを食べているのではないし、一年中サケを食べないヒグマだってたくさんいるはずです。また後日詳しく述べますが、クマは食べ物によって大きく場所を移動します。

ではサケを捕食する川辺や海等の開けた地形ではなく、彼らが最も長く時間を過ごす場所はどこなのでしょう…。私がプロフィールにメインの被写体は「森のヒグマ」と記す意味合いも、実はそこ含まれているのです。

もちろん「氷の上のペンギン」も「サケを食べるヒグマ」も、間違ったイメージではありません。愛らしく逞しい野生のワンシーンであることに違いはないのですが、普段の彼らの素顔は、海の中を疾走する凛々しい横顔であったり、梢の下で眠りこける姿であったりもするはずです。前にも述べましたが、動物たちのそんな姿を見ることが出来た時、私は一観察者として無上の幸せを感じます。だから、私の写真を見てくれる方にも、そんな写真を届けたいと思うんですよね。

■ 素顔を追うことは、その動物を好きになること。

プロフェッショナルな動物写真の撮り方には、大きく分けて2種類あると私は感じています。一つは、効率と写真の美しさを追求するタイプ。これはつまり、動物に出会える可能性が極めて高い有名なスポットを効率よく回り、そこを訪れる多くの撮り手の中で誰よりも美しく、格好よくその動物を撮るスタイルです。例えばサケを食べるヒグマを美しく、逞しく写しとる、といった感じでしょうか。これは一般的にイメージされる動物写真家の花形、と言えるのかもしれません。

そしてもう一つは、動物の素顔を追うタイプです。その動物が何を食べ、どんな地形にいて、どんな暮らしをしているのか。それらを自らの足を使って調査し、小さな発見を繰り返しながら被写体である野生動物へと近づいていきます。独自のアングルで模索を繰り返すので、動物に出会えない期間も長く、非常に非効率ですが、その反面、誰も知りえなかったシーンを見たり、彼らの日常の素顔を、ふと覗くような瞬間に出会えたりするかもしれません。
…そうなんです。動物たちの何でもない素の感じって、地味だけど、目にすることはとても難しいんですよね。

僕は森で別々の方向からやってきた2頭のクマが鼻先を近づけて挨拶のような仕草をするのを見たことがあります。その時は「こんな風にクマ同士が森の中ですれ違うことがあるのか…」と、何とも言えない嬉しさが胸にこみ上げてきました。
…そんな撮影活動を続けていれば、自ずと被写体の動物のことをより深く考えるようになり、愛着も湧きます。会えない時間が愛を育てる、遠距離恋愛みたいな感覚でしょうか…。笑)

何年もかけてカリブーの大移動との邂逅を待ち続けた星野道夫さんはそのスタイルの偉大なるルーツの一つと言えるのかもしれません。
星野さんだけでなく、優れた作品を多く残す動物写真家の皆さんの中には、効率と素顔、双方の撮影スタイルを同時に実践される方も多くいらっしゃいます。私もそれを目指したい。ですが私が今回お話ししたいのは、後者の「素顔」を追う非効率なスタイルの方のお話です。

■ クマの糞は嘘をつかない。

私はかつて一時的に北海道に居を移し、ヒグマの撮影を本格的に始めようと思っていました。住んでいた期間は2年半。このほとんど全ての期間を、ヒグマを追うことに費やしました。ですがその間、実はほとんどヒグマの良い写真を撮ることはできなかったのです。

当時、私は何も知りませんでした。今のように現地に知人もいません。クマについて知っていることといえば秋に鮭を食べることくらい。会社員時代に毎年9月に北海道に旅行で来ていましたが、他の季節は全く未知の世界。その僕にクマのことを教えてくれる格好の教材を見つけることができました。それが、林床に残されたヒグマたちの糞だったのです。

まぁ、苦手な方もいるかと思いますので載せないですけど 笑)、私のHDDにはヒグマの糞の写真がたくさん眠っています。意外と食べたものがわかる形で残っていることが多いので、そこから何を食べているか調べ始めました。内容物や色、大きさ、クマの糞は情報の宝庫です。そこから季節ごとにクマが何を食べているかを割り出し、出会える場所を推測し、足で歩いて確認していきます。それには膨大な時間がかかり、気が付けば、ほとんど写真が撮れないままに2年半が過ぎていました。

現在、私が掲載や講演等、仕事で使っているヒグマの写真はほとんどが道東から居を東京に戻してから撮影したものです。2年半の間にクマの糞からもらった情報と経験をもとに東京から撮影遠征の計画を立て、狙うシーンを絞り込んで撮影に挑みます。もちろん、うまく行くとは限りません。なぜなら年ごとに自然の状況も変わり、例えばドングリがたくさん実りすぎたり、反対に全然実らなかったり、予測を裏切られることの方が多いからです。ですが基準が無ければ予測すらできません。現在も私は2年半の経験と知識に軸足を置き、その予測をもとに撮影活動を続けています。

ある時、予想を裏切られ、ヒグマに出会えなかった時、クマの糞を見て撮影場所を変えたことがありました。当時予想していたものと違う食べ物が糞に含まれていたんですね。だから、その食べ物がある場所に移動したんです。すると何とかクマに出会うことができ、乏しいながら撮影成果を手にすることができました。その時ほっとして、思わずSNSで「クマ糞は嘘つかないな」と呟くと、研究者から「名言出ましたね!笑)」とコメントを頂いたことがあります。クマを追う人々には、きっと実感できる言葉なのでしょう…。

■ 遠回りのプロセスが物語を生む。

こんな撮影スタイルだと、動物に出会うまでが活動の8割以上を占めます。カメラを構えている時間なんて、多分1パーセントくらいでしょう。許された予算や時間への焦りや自分との葛藤もあります。

それでも、目的の動物に会えないままに、景色や他の動物たちとの思いがけない出会いに心が弾むこともあります。また、少ない出会いの一つひとつの状況が違うため、それぞれに物語が生まれます。私はこの物語こそが写真家、いやそれ以前に自然に関わって生きる者として最も幸せで貴重な成果物だと考えています。そこを評価してくださる方も、有難いことに増えてきました。これは何より心強いことです。

1頭1頭との出会いに物語があって、
会えなかった時間にもまた物語がある。
そんな風にフィールドでの時間を積み重ねながら
撮影活動を続けていければいいな、と思います。

子どもたちの心にも、きっとそんな物語は素直に響いてくれるはず。

動物への近づき方や、撮影活動の合間に生まれた物語のより具体的な
ノウハウ、エピソードは、是非またこのマガジンでご紹介していきたいと思います。


更新情報はツイッターで随時配信しています。
フォローしていただけると嬉しいです。
■ twitter     @sinh11  
■ 前記事  動物の「表情」をとらえる。 ワイルドライフ・ポートレイト
■ マガジン 自然写真家のnote

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートは、旅費や機材など新しい撮影活動の資金とさせていただき、そこで得た経験を、またこちらで皆様にシェアしていきたいと思います。

ありがとうございます!
44

Sinh

自然写真家のnote

ヒグマや漁師... 野生動物や自然に関って生きる人達を撮影する二神慎之介の思うこと、自然感、撮影活動について エッセイ形式で綴っていきます。
3つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。