ユッキーナ

某IT企業のディレクター。元腐女子、元セラピスト、現シンママ1児の母。貧困・PTSD・DV・離婚・うつ・起業の失敗・借金・パワハラを経験し、今も元気に生きています。自分の体験をベースに、エッセイを執筆中です。

鬱々とするから、できることから試してみよう。

前回の記事でも書いた通り、しばらくウツのお薬とお友達になり、

夜飲むと朝に気分は少し晴れる感じで、お薬のおかげで日々なんとか過ごすことができました。

だけど、私はひとり親家庭の大黒柱なわけで、しんどい日に会社をほいほい休むわけにもいかず。

というわけで、働きながら鬱を軽くする対処を調べ、この機会にいろいろ試してみることにしました。

セロトニン分泌を促してみよう

セロトニンといえば、精神を

もっとみる

私が弱いんじゃなく「ストレス耐性がそもそも弱い」私だった。

ここ数日、メンタルがお疲れ気味で、体調が整わず会社を休んでいたのですが、何気なく地域の情報誌を読んでいたところ、面白い記事に出会いました。

うつ病にかかりやすい人とかからない人の違いとは

性格や考え方ではなく「発症性脆弱性」と呼ばれる、個人の特性が関係する場合があります。性的虐待やDVなどのトラウマ体験や、幼少期の親の離婚、身内の死別のような喪失体験がある方は、威圧的な態度を取る人に対するスト

もっとみる

保育園と小学校の差が辛かった2ヶ月間。

娘が小学生になって2ヶ月。
入学前は、入学用資金も無事準備ができ、入学したぞー!やった!と喜んでいたのですが、私自身が保育園との違いに苦しみ、一時期ウツっぽくなりました。

今は少し落ち着いてきたので、ウツっぽくなった原因について掘り下げようと思います。

保育園と小学校の違い

文章で書くとわかりづらいので表にしてみました。

我が家の場合は、地方在住で公立保育園から公立の小学校へ入学。制服の保

もっとみる
あなたの世界が広がるきっかけになったなら嬉しいです。
10

田舎のシングルマザーは意外と生きづらい

18年ぶりに漫画をまともに描きました。

ペン先にインクをつけて描いていた時代からデジタルにツールが変わり、取り掛かるのに時間がかかりましたが、個人的にはまず1作品描けたことに満足です。

++++++++++

「あの子は離婚して、田舎に戻った」なんて聞くと、実家からのフォローを受けながら、なんとなくのんびり暮らしているイメージを持ちませんか?

確かに都心に比べれば物価は安く、保育園はスカスカ

もっとみる

連休が恐怖じゃなくなった日。

改めましておめでとうございます。新元号、令和元年になりましたね。

シングルマザーになって7年目。雇用形態が最近変わり、今年の10連休はアルバイトも副業もしていません。

もともといまの仕事は、子供のために選んだ、平日勤務の土日祝休みの仕事。

ただし非正規だと時給で生活することになるため、連休=収入が減ります。

そのため以前は連休が恐怖でしたが、今回はのびのびと過ごせています。

当たり前の幸

もっとみる

「パパが欲しい」と言われるプレッシャーについて

この春、娘が小学1年生になりました。

小学校入学の準備は噂には聞いていましたが、それはもう大変で
「こんなに新しく購入するものが大量に…そして全部に名前書くのか…」
とゲンナリ。

購入物に関しては、地域のひとり親向け学用品購入補助の制度や、ひとり親や貧困家庭を支援する団体からの支援金を申請して活用して、準備が整いました。

4月に入り無事に入学式を終え、娘は学校に通い出し「ふ〜、ひと安心」と思

もっとみる
あなたの世界が広がるきっかけになったなら嬉しいです。
8