アラサー未経験エンジニア転職 地雷踏み抜き記

悲しい知見を得た。

さて、最近ずっと転職活動をしていた。今もしている。

というのも、今やってる契約社員は5年で契約期間を延長できなくなるという、所謂5年縛り。就職した当初は5年縛りも無かったし、業務も年限を縛られない業種だったので後出しジャンケン感がすごい。非正規雇用悲しみの舞。


で、無期雇用契約社員という身分もあるのだが、正直今の職場にいれば居るだけどこへも行けなくなる感じがありありとしたので、転職をすることにした。手に職というのも違うかな。仕事出来なくてもずっとそこにいて新人が消えていくのを見るだけみたいなのも飽きたし。女性の職場特有の地味なパワハラセクハラもあった。いや、負けんけど。

で、転職を考えた時にエンジニアという選択肢が浮上。事務系の仕事に飽き飽きとしてて、勉強することがあまり苦にならなかったから。そして、身近にイメージできるロールモデルがエンジニアしかなかったというのもある。データセンターにいたからね。

悲しいかな、学歴も職歴も大したものはない。
しかし、唯一あったものがこの四年半のデータセンター勤務の経験とわずかばかりのIT資格である。無期雇用の試験なり転職活動を見据えて地味に取ってきたIT資格は実務寄りの資格というよりは知識ベースの資格ではあれ、ないよりはマシ。
そして、私は周囲のエンジニアの人たちの悲喜こもごもを近くで見てきた。もちろん、保守手引書も見てきたし、勤務形態や炎上中の修羅場やらリプレイスをめぐる大規模なプロジェクトも他人事として見てきたのだ。

彼らの仕事ぶりはとても美しいと思う一面がある。
私はサーバーを常にメンテナンスしたり、セキュリティを管理したり、効率的に帯域を使えるように設定したり そういう仕事によって多くの人々の生活の基盤が守られていることを知っている。時折、徹夜作業があることも。運用の輪番勤務も。

で、インフラエンジニアを志望した訳だ。未経験だが求人自体は多いし、業界は経験者という微妙な立場である。少しは見込みがあってもいいのではないかと思っていた。勉強もしている。

ざっくりいうとIT系のSESには結構受かったし、ネットワークエンジニア職として内定も得た。
しかし、これは残念ながら罠だったのではないか、と思う。

つまりエンジニア職を目指す人間を集めて(多分一般の人よりはITに詳しい筈だ)、エンジニア以外の仕事を振るのではないかと思う。
「きっといい下積みになりますよ」「この知識が後でいきますよ」とか何とか言いくるめて、三次請け、四次請けの安価な労働力として搾取するのだろうな。
とまぁ、自分が内定を受けた会社から面談の話や仕事の概要をもらって実感した。
(というか、事務職の派遣より給与が安い専門職などあるか?と突っ込んでいきたい。不安定さは派遣の方が上だがそれにしても、あまりだ)

ちなみに提示された金額は月給23万から25万が相場、29万という会社もあったが面談して常駐先の案件が決まってから契約という一方的すぎる内容でいくら私が無知でもブラックだろうと推測された。
というような感じで向こうの常識を押し付けられるので、本当に控えめに言ってクソな会社はあるので注意が必要。

さて、ここで悲しい知見である。
インフラエンジニアと称して内定を得た人間は何になるか、薄給の四次請けITサポートである。
昇給の可能性をちらつかせ薄給のまま働かせるので会社的には美味しい!
なぜかインフラに進みたいと言ったのにITサポートになっているという寸法だ。
(なるほど、エンジニアとITサポートを募集している会社は多い。そして、インフラの件で面談を受けさせて何回か落とせばITサポートでいいかと折れるのではないかと思うのだ)

あと、今回、理論年収という新しい言葉で騙しやがった会社があるので共有しておく。
月給23万円理論年収300万円、だけどボーナスが出るのは大分先だから初年度は確実に300万切る。理論年収ではもらえない分のボーナス込みで13ヶ月で計算するのだ!馬鹿か。
しかも、人材紹介会社から今晩中に決めてくださいという話までされたので、そりゃ引っかかるわと思う。他のところの内定辞退も確約させられる。いやまぁ、騙されるなって話だけど焦りや疲れもつけこまれるので本当に注意!

さて、現在の契約してるけど入社してない会社のブラックぶりがあまりにブラックなので笑い話になってきた。
1 薄給 ごめん、手取り20万切るのはあり得んと思ってる。しかも見込み残業で。
2 当日連絡、当日面談(23時にショートメール入れてくる営業は確実にクソ)
3 10営業日は面談のために待機してろという命令(当然、無給
4 最初に内定した職種のインフラエンジニアじゃない仕事の面談を入れてくる

私が今考えていることは、どうやってここの会社をブッチしようかである。もう少し案件を紹介してもらい面談をして地雷原に突っ込んでくるのもありか

勿論、上記のような酷い会社だけじゃないとは思うけど、会社は我々のキャリアより利益に比重を置いて動くもの。

これを読んだ皆様がどうか地雷を踏み抜きませんように。あと、いいところがあったら教えてください(笑)

そんなこんなでこのような地雷があることを就活、転職活動中の諸氏には警告しておきます。

さぁ、私の屍を越えていけ(まだ死んでない


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

70

しの

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。