【NovelJam2018秋】(36)Twitter広告チューニング

ということで、前回10万円をTwitter広告へ投じることを決めてしまったのですが、ここから広告チューニングをしていきます。

広告チューニングというのは、広告配信用の管理画面(閲覧数やクリック数など、簡単な統計がついてます)をにらみながら、広告文章や画像を差し替えたり、配信先を変えていったりしながら、最適化を図ることです。

例えば、「NovelJam2018秋」という今回のイベントの大事なタイトルでさえ、「2018」「秋」という部分が、広告効果の観点でネガティブワードになる。今、2019年冬なので。みんな古いモノにわざわざ触りたいですか?

この理屈がわかんないとTwitter広告なんか打てないんですよ。全弾、無駄弾になると考えて良い。みんなカネを無駄にして死んでしまえ。

そういうことを「ほんとにそうか?」ってとこも含めながら細かく仮説と検証をしつつ配信内容を変えていかなければならなくて、まずはじめに、比較用というか、ベースとなるシンプルなものを投稿しておこうということで、最初に三つの投稿を広告用に流しておきました。

BCCKSの作品ページにリンクすると、タチヨミ機能が埋め込まれてしまうのか……これはちょっとエンドユーザーに警戒されるやつだゾ。

そんなことを思いながら、画像を入れちまったほうがいいな、とか考え始めるわけです。

10万とか、広告というものを考えるときに効果測定のコの時にもなんねー規模だよ、というのは知ってるので、あんまり慌てずに、いろんなことを試してみたいと思います。この一連の記事、ノウハウ無料ってこと!? って思えた人は、将来伸びます。次回更新をお楽しみに。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

勝手にお金を送ってこないでください。

シェアしてくれるほうが嬉しいのでしてください。
2

沢しおん

#NovelJam『マイ・スマート・ホーム』の軌跡

【NovelJam2018秋】沢しおん チームモリサワ制作作品『マイ・スマート・ホーム』についてお話しします。
1つのマガジンに含まれています

コメント4件

「BCCKSの作品ページにリンクすると、タチヨミ機能が埋め込まれてしまうのか……これはちょっとエンドユーザーに警戒されるやつだゾ」という部分なんですが、「立ち読み機能」は警戒されるものなんでしょうか?(話の流れがわかっていないかもしれません)
コメントありがとうございます。
「本の中身を紹介して、エンドユーザーが読むことができる機能」自体を悪いとは思っておりませんでして、文中の「タチヨミ機能」はあくまでBCCKSがリンクとして提供しているBCCKS固有の機能を指す意図で記載しました。

Twitter上の表現において「文字140字」「画像」「リンク」「動画再生」があると思いますが、それ以外は異物ではないかと考えています。

そして、BCCKSの「タチヨミ機能」は、タイムライン上での表示が「動画再生」と同じ見た目(画像内に三角形の再生ボタン)をしています。ですが、それをクリックすると出てくるのは「細長い画像(=背表紙)」です。エンドユーザーからしたら、得体の知れないもの、バグかコンピューターウィルスかの何かに見えるという点で「警戒」と書きました。
なるほど。BCCKSの「タチヨミ機能」はその場で読めるのですね。個人的にはそれほど違和感は感じませんが、最初に背表紙が出るのはちょっと……とは思います。結城もBinBで立ち読み機能を使っているのですが、それはリンクした先で読む形式ですね。

https://twitter.com/hyuki/status/1079961748482883584
リンク先、拝読いたしました。リンク先に飛ぶと、最初に指マークの画像が表示され、大変親切な表示だと思いました!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。