むだ(だいなし かっこかり

さいご
きらい に なった ひ
わたし は
その ひ が こない こと を
ずっと ずっと
ねがって いた の に
でも
だめ だった の も
ひつぜん かも ね
わたし は ただ の
おおばか で しか なかった
でしょう

ごめん ね
じぶん が わるい とか
いわないで
わたし は あなた に
まだ げんき に いきて
しあわせ な じんせい を
おくって ほしい の
だから もう そんな め で
いつ まで も
わたし の この よ に
のこって しまった もの を
みないで ほしい

なぜ なら
それ は あなた の
なに より も たいせつ な
お じ か ん
の むだ だから
その おなじ じかん
より よい すごし かた は
ある はず な の よ
もう だいじょうぶ
きっと だいじょうぶ だから
そろそろ わたし の つめたい て
はなして ね

平成三十一年一月七日に失筆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

芥川

小説・文章

お散歩しながら文豪になろう。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。