lifevar

C言語で情報オリンピック Day6

配列

変数はデータを格納するボックスと紹介しましたが、場合によって連続した複数のボックスを必要とした時があります。この連続した複数のボックスは、C言語の中に配列というデータ型として定義できます。

サンプルを見てみましょう。

#include <stdio.h>
int main() {
  int a[5] = {1,2,3,4,5};
  int i;
  for (i=0;i<5;i++

もっとみる

C言語で情報オリンピック Day5

条件判断

if文

C言語では条件判断(論理計算)をif文で実装します。

if ( a > b) {
  printf("%d", a);
} else {
  printf("%d", b);
}

このコードは変数aとbの大きいほうの値を出力します。たとえばa=3,b=4の場合4を出力します。if 文のすぐ後ろに括弧の中には条件判断式(論理式)を記入します。C言語にはブーリアン型がないので

もっとみる

C言語で情報オリンピック Day4

int、float型の変数、printf、if文、while、do、forループを勉強しましたね。今日は入力(にゅうりょく)、配列(はいれつ)を勉強します。

まず復習(ふくしゅう)になりますが、printfは標準(ひょうじゅん)出力(しゅつりょく)に文字(もじ)や数(かず)を出力するCの関数(かんすう)です。標準出力は英語でStandard Outputといいます。これはプログラミングの世界では

もっとみる

C言語で情報オリンピック Day3

はじめてのCプログラム

コンピュータの世界(せかい)には、色々な言語(げんご)が存在します。
たとえば

C(シー)
C++(シープラプラ)
Java(ジャバー)
Javascript(ジャバースクリプト)
Ruby(ルビー)
Python(パイソン)

などの言語がありますが、この授業(じゅぎょう)ではC言語とC++言語だけをつかいます。

オンラインエディタを使ってはじめてのCプログラムを書

もっとみる

C言語で情報オリンピック Day2

ソースコードを書こう

プログラムを作成(さくせい)する流れ(ながれ)

プログラムを作成し、コンピュータを操作(そうさ)するためには、次(つぎ)の3つのステップが必要(ひつよう)になります。

1)コーディング(英語:coding)
2)コンパイル(英語:compile)
3)実行(じっこう)(英語:run)

コーディングとはプログラミング言語(げんご)を使い、コンピュータが処理(しょり)可能

もっとみる

C(シー)言語(げんご)で情報(じょうほう)オリンピック Day(デー)1(ワン)

情報オリンピックへのご招待(しょうたい)

国際(こくさい)科学オリンピックの世界へ

スポーツ系(けい)のオリンピックはすでにご存知でしょう。スポーツと違って文化系(ぶんかけい)のオリンピックも存在(そんざい)します。まず動画(どうが)をご覧(らん)ください。

情報(じょうほう)オリンピックは、指定した時間内に与(あた)えられた問題をいかに早くて正確(せいかく)なプログラムを書けるか(つまりア

もっとみる