Chrome OSを2日間使ってみた感想

前回の記事で,Chrome OS(CloudReady)を少し古くなったデスクトップPCにインストールした。今回は,使ってみた感想を紹介していく。

1. 設定が非常に楽

インストールまでがゴールではない。「お家に帰るまでが遠足」ではないが,インストール後のセットアップも重要だ。特にLinuxを触ってきた自分にとって,ドライバやIMEなどのインストールしなければならないものが多いことは知っていた。が,今回入れたChrome OS(CloudReady)はドライバ系も充実していたのか,マシンにほぼ馴染んだ。画面の明るさをある程度暗くすると画面が点滅して暗転してしまい明るくならない,といった問題はあるが(Linuxでも同じ症状が起きていたため慣れている),Wi-Fiドライバなども問題なく動いている。また,自分はよく日本語IMEのインストールによく苦戦させられていたが,そのようなこともなく,設定から入力メソッドで「Google Japanese Input(Google日本語入力)」を追加することによって問題なく日本語も打てている。

2. スピードが速い

なんと言っても一番のミソはここかもしれない。今まで同じPCにLinuxやWindows 10をインストールして使っていたが,それ以上にレスポンスも速く,とてもスムーズに使えている。特に,ファイルマネージャなどのアプリケーションを開くスピードはほぼすべて1秒程度のため,基本的にはストレスなく使える。

3. 重くなりにくい

先程も述べたが,スピードの速さに加えて重くなりにくいことも伝えておきたい。流石に積んでいるメモリが2GBのため,複数アプリを開いているときなどにたまにカクカクすることもあるが,Linuxに比べると明らかに固まらない。Linuxを使っていたときは,よくPCそのものがフリーズして強制再起動をかけていたものだが,そのようなこともなくなった。一瞬固まっても,比較的すぐに復旧する。

4. UIがシンプルかつクール

これもChrome OSの魅力の1つかもしれない。Googleのマテリアルデザイン(?)によるシンプルなUI構造のためか,無駄なものがなく,とてもシンプルで格好いい。Windowsではタスクバー,macOSではDockと呼ばれていたアイコンバーは,Chrome OSでは「Shelf(シェルフ)」というらしい。これも無駄のないシンプルデザインでオシャレ。

5. ヘビーな用途に使わなければ最高

もちろんこのPCで動画編集やらソフトのコンパイルやらをやろうとしてChrome OSをインストールしたわけではない。こういった記事の執筆やオフィス,ブラウジング,動画の視聴などの比較的ライトな目的に使っている。今のところどの点においても全く問題なく快適に使えている。動画の画質も480pなどの比較的低画質にせずともHD以上の画質で見ても問題はない。

以上Chrome OSを使ってみた感想だが,やはり使ってみた上ではメリットしか感じられなかった。ブラウジングもしやすくなり,Googleのオフィスアプリ群での作業やSlackでの情報共有など,自分がやりたいことはスムーズに動いている。将来的にはこういった目的のためにChromebookも購入予定だ。Chromebookもまた安価でコスパが高いため,よりマシンとマッチしたChrome OSがより大きなアドバンテージを与えてくれるだろう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!

白澤賢斗/SiraKen

Shirasawa Kento -- 岩手出身の高校2年生。ITに興味のある探究系男子。 Website: https://www.siraken.xyz/

SiraKen's Creator Life

シラケンのエンジニア/クリエイターマガジン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。