T2Tj

夢破れて自分探しにインドに行くも見つからず途方に暮れる。その後W.Hオーデンの詩と出会い、自分は探すものじゃなく父の恩に報いることで作っていくものであると考え実家の会社を継ぐことを決意、現在に至る。
  • 八鹿警備保障の代表取締役である田路智洋社長による手記。日々の仕事上の気づきや若社長としての心情を赤裸々に綴ります。
    1フォロワー

ご来光未だ拝めず

1 昨日・今日と親父と富士山登頂ご来光ツアーに行った。 親父に都合のいい日に決めたので全くの偶然だったが、自分がブログを始めてちょうど一年になる日に当たるという...

自分が自分を〝見る“ ということ

1 中企大東京在校時に受けた印象的だった授業の一つに自分についてのスピーチを録画して後でそれを見ながらみんなで論評し合うというものがあった。 自分のスピーチの画...

隊員と氷ノ山を登る

1(1) 昨日、八鹿警備山岳部の活動の一環として氷ノ山を登山した。 氷ノ山は標高1510m、累積標高差は815mで二百名山、花の百名山、関西百名山の山で,兵庫県最高峰の関...

教える事は教えられる事

(1) 昨日、隊長会議があった。 最近はこの会議を上手く利用して管理者教育を行なっている。 致知購読なんかはその一環だが、当初の意図を超えて多くの隊員が感想文を書...

仕事で人間を磨く

今月の致知学習は侍ジャパンの監督としてチームをベスト4に導いた小久保監督がイチローから教わったことについての記事についての感想。 個人的に印象的だったのは、野球...

まずはプラス勘定で!

若い頃、音楽の良し悪しをヒットチャートの上下だけで語るのが嫌いだった。 この世の中が資本主義である以上、そういう考えは青臭いかもしれない。 でも、その考えは今も...