2月26日〜28日 退職していく人にいつかの自分を重ねる

2月26日(月)
投薬の成果か、朝起きると週末悩まされたみぞおちの痛みはほぼ消えている。
が、何か物を食べると少し違和感があり、しばらくは食道がヒリヒリやジンジンと痛む。しばらくは投薬しつつ、食生活に気をつけつつやっていくほかないなあ。
今日も仕事をなんとか終える。なんとか、という形でしか仕事ができないことをとても悲しく思う。
家を掃除したら読み終わってしばらく読まない漫画を数冊発掘して、Twitterでもらい手を募ったところ、数人の方が手を上げてくださって嬉しい。
売るわけではないけども、こういう形でコミュニケーションが生まれるのはどんどん楽しみたいと思う。
大阪の西成で5円玉を5円で売ってるおっちゃんの話に近い部分がある。金やものにはそれそのものの価値以上のものを乗っけることができる。


2月27日(火)
社長の奥様からいただいたエッグタルトがとてつもなくうまかった。富ヶ谷は知人の事務所があり何回か遊びに行ったことがあったが、おしゃれでハイソな土地だと思う。ハイソな洋菓子屋が多い。

東京と仙台とフィリピンが隣り合ってたらいいのにな、という曖昧な願望を抱く。フィリピンには夫の親戚がたくさんいて、とても楽しそう。海外には一度も行ったことがない。パスポートもない。まずはパスポートを取得するところから始めようと思う。


2月28日(水)
2月から所属部局が変わったので、新部局のかたがたにウェルカムランチをやっていただく。同僚はいい人ばかりだ。
一緒に働く人はとても大事だというが、一緒に働く人が良くても、組織がうまく機能していない、ということはベンチャーによくよくあることだ、という話を友人とした。
ケニア人の同僚と英語で話そうと試みる。英語スキルの錆つきを感じる。うまくいくと言葉にならない概念→日本語→英語→発音、ではなく、概念→英語→発音、というおしゃべりができるのだけれども、言葉は使っていないとどんどん錆びてしまう、錆びやすいツールだと感じる。いい機会なのでどんどん話そうと思う。
退職する人が何人もいて寂しい。いつかは自分も送られるのだ。ベンチャーは人の出入りが激しい。小魚の群を海水ごと丸呑みして不要物を吐き出すクジラのようなイメージ、すぐたくさん入り、すぐたくさん抜けていく。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やっていきにっき

やっていくのです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。