未来日記

12
ノート

開く世界、閉じる世界

トランプさん勝ちましたね!(遅い)

イギリスのEU離脱といい、アメリカの選挙といい、ISISといい、昨今のヨーロッパ事情といい、世界でよくわからないが何か起こっています。

「よくわからない」と感じるのは、恐らく報道番組で否定されてる・悲観される・嘆かれている結果がことごとく起こっているからでしょう。テレビでも低所得者層が...と言って説明してくれていますが、いまいち納得(理解)できてません。

もっとみる

ただ飯の世界

久しぶりの更新。まあ、気楽にやります。

(誰も)働かなくてもいい世界を目指す私にとって、最大の問題は食糧なんですよ。極論、ここさえクリアすれば誰も働かなくてもだれも飢えない、死なない!

じゃあどうすればいいか。まず思いつくのは農業の自動化ですね。ロボット農家です。以前にもちょっと書きました。

リンクの方法じゃなくても、植物工場なり水耕栽培なり食物の育成をかなりコントロールできる方法なんかは栽

もっとみる

国が溶ける

インターネットは世界を変えました。

どう変えたのか。人と人との距離を近くしました、伝言ゲーム的な意味で。情報の伝達速度が光の速さになったからです。

同じ意味で、電話がその走りかもしれません。

何が起こったか。距離の制限が無くなりました。その結果、会社員は自宅で働き、企業はもはやどの国に所属しているのかわからなくなり、テロは至るところで思わぬタイミングで起こるようになりました。

つまり拠点が

もっとみる

物作りはどこまで簡単にできるか

難しいんですけどね、自由度とのトレードオフ。

どんどん楽に、安くなりますね、プログラミングも物作りも。

新しいライブラリ(特定の目的のためのプログラムのセット)はどんどん出てくるし、プログラムを「書かなくていい」ヴィジュアルプログラミングなるものもあります。

教育目的が主みたいですが、androidアプリとか作れます。

MIT App Inventor

Scratch。こっちはゲームっぽ

もっとみる

遺伝子治療が現実味を帯びてきた

いやー流行ってますね、CRISPR/Casシステム。

え、知らない?!それはやゔぁいですね。遺伝子工学界の技術なのですが、潜在能力は人工知能界でいうディープラーニングぐらいかそれ以上にやゔぁい技術です(ディープラーニングに関しては下リンク)。CRISPR/Casはクリスパー・キャスと読みます。

一般にわかりやすい解説あんまりないなって感じだったのですが、クマムシ先生のブログやコスモバイオの動画

もっとみる

囲碁の次は?

Alpha Go勝ちましたね。イ・セドルさんも人間の意地を見せてくれていい勝負でした。そういえば、彼は好敵手とできて楽しかったんですかね?プレッシャーとかで辛かったんですかね?個人的にはすごく楽しんでそうに見えましたけど。自分には知り得ない感覚ですね、いいなぁ。

あ、人工知能の話です。Alpha Goについて詳しくはここから。

これで完全情報ゲーム(完全に状況が把握できるゲーム、ポーカーとかは

もっとみる

エネルギー問題を解決するためのもう一つの要素

思いがけず二回シリーズとなったエネルギーに関しての第2回です。

思いがけず間隔が空いてしまいました。

前回分です。

さてさて、前回自然エネルギー発電の割合を増やす意義を書いてみました。そして、それを扱うとなると大切になってくるもう一つの技術があるといいました。それはなんでしょうと。

正解(あくまで個人的見解)は蓄電技術です。つまり(畜)電池。もうちょっと広義(畜エネルギー)で考えれば、人工

もっとみる

自然エネルギー発電に移行しなければならないもう一つの理由

環境を大切にしましょう!という話ではありません(笑)

詳しいわけではありませんが、現在の発電方法は火力や原子力が中心です。これは恐らくこれらの発電方法の発電効率がいいからだと思いますが、なぜか各国が太陽光や風力などを用いた、圧倒的に発電量・発電効率の悪い、自然エネルギー発電に移行しようとしています(どれほど本気かは知りませんが)。

なぜでしょう?

一つは環境問題ですね。温暖化や放射能の問題で

もっとみる

不老の研究

こいつを知っていますか。

(Wikimedia Commons)

ハダカデバネズミといいます。気持ち悪いですね(笑)

でもこいつ、すごいんです。何がすごいかってまず死なない。20年以上生きます(同じげっ歯類のラットやマウスが2年程)。

そして歳をとっても運動能力や体組織の能力が衰えません。つまり老いない。

あとガンにもならない。

さらに実際に見ると意外と可愛くてギャップ萌えなのです。

もっとみる

ベーシックインカムを導入すれば子どもが増えるんじゃないか仮説

ベーシックインカム流行ってますね(流行ってはいない)。

オランダやスイスやフィンランドなんかでは本当に始まるかもしれません。移籍しようかな。

ベーシックインカムとは、国民皆に一定額の給付金を与えるという夢のような制度です。実際問題としては資金源をどうするかとか、かつての社会主義国家みたく没落の原因になるのではとか、色々問題が予想できて、どこでも議論の最中らしいのですが。

フィンランドなんかで

もっとみる