外脚に乗りつつ内脚を活用する方法。簡単なことで内スキーが働き、前後バランスが崩れにくくなる。内脚の足首に注目するだけで、、、

どうも、スキー教師のスノダノブユキです。

内脚が邪魔に感じることありませんか?」「内スキーが曲がらなくて困っていませんか?」

スキーは内脚・外脚の両脚を使うスポーツです。そして主に外脚に体重を乗せて滑るものです。基本は外脚荷重です。

しかし外脚だけに意識が行き過ぎてしまい、その結果「内脚」の意識が足りなくなっている人が非常に多いのです。

外脚荷重しつつ、内脚を活用する方法をお伝えします。

私のレッスンで実践済みで結果が出ている方法です。なので本当にスキーが上手くなりたい人にだけこっそり教えたい内容です。

これを行うと主に山回りでちょっとした内脚の使い方を変えるだけなのに、内スキーがきれいに回るようになってきて、しかも前後バランスが崩れにくくなります。

大回りでも小回りでもコブでも有効な方法ですが、特に小回りで効果を発揮しやすいです。

それでは説明していきましょう。

注意:この記事は読者が増えると値上げします。質問が出ると、編集して良い記事になっていくためです。ご購読はお早目に!


この続きをみるには

この続き:2,676文字/画像2枚

外脚に乗りつつ内脚を活用する方法。簡単なことで内スキーが働き、前後バランスが崩れにくくなる。内脚の足首に注目するだけで、、、

スノダノブユキ

600円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。