見出し画像

ブッ!ブブッ!AbemaTVはHaptic Feedbackに対応したブー

AbemaTVのiOSアプリ、Haptic Feedbackというものに対応しました。

Haptic Feedbackのガイドラインはこちら

Human Interface Guidelines

要するにアレです、大事なアクションだったりPull to Refreshの時だったりに


「ブッ」

って振動するやつです。

すげーざっくりいうと、

平面的なUIでは、操作をする際に「物体」と「指」との関係がとても薄っぺらいので、もっと「物理的なフィードバック」をユーザーにしてあげようぜ、ってことです。

Haptic Feedbackは触覚的なフィードバックと訳せます。

リモコンのボタンを押したらボタンのHapticがあるし、

うんこをしたら肛門にうんこから伝わるHapticがあります。

これを擬似的な体験にしてフィードバックとして開発されたものでいうと、ゲームのコントローラーとかまさにそうですね。

さて、

Appleが定めたこの「ブッ」にはいくつか種類があります。


Notification

Success

ブブッ!

ロック解除や、課金成功時など何かが成功したときに「やったぜ!」って感じのやつ。

Warning

ブブッン

警告時です。なんかやばそうなことが起こりそうな時に「あっ」って声が出るときと同じです。

Failure

ブブゴンッ…

アクションが失敗した時です。悲しいです。


Impact

Light

プッ

なにかボタンを押した際の反応。

Medium

プッッ

Lightのちょっと強め版。ほとんど違いはわかりません。Twitterでいうと「いいね」したときとかコレですかね、多分。

Heavy

ブッ!

さらに強いです。


Selection

Selection

ツッ

めちゃ弱い。これは選択や確定時というよりかは、選択自体が動的に行われているときに使います。

日付選択のピッカーを操作してるときとか、「ツツツツツッ」となります。人によっては「トゥトゥトゥトゥッ」って感じます。僕は「ツッ」派です。


これらを、うまく使い分けて開発しました。

AbemaTVのどの箇所で実装したかは教えません。アプリを触ってみてください。

ヒューマンインターフェイスガイドラインにも書いてありますが、Haptic Feedbackはむやみやたらに多用してはいけません。

あらゆる操作時にブブブブなってたら何が大事なブブブなのかわからなくなりますよね。

あと、これは触覚的なモノなのでフィードバックとしては補助でしかありません。視覚的なフィードバックもしっかりと実装しましょう。

ブブッ(バイバイ!) ブッ(またね!)



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!ありがとうございます!
9

しゅんすけ

事業会社で主にUIデザインやってます。モーショングラフィックス、ロゴデザインもやります。

#デザイン 記事まとめ

デザイン系の記事を収集してまとめるマガジン。ハッシュタグ #デザイン のついた記事などをチェックしています。広告プロモーションがメインのものは、基本的にはNGの方向で運用します。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。