見出し画像

たったひとりの熱烈なファンを作るということ

フォロワーの数はクリエイターの価値と同義だ、いや同義ではない、という議論をしばしば見かける。
その文脈で目にしたのが、フォロワーではなくファンを作る、云々という文章。

私がしている小説コミッションとはまさに、フォロワーではなくファンの存在で成り立つ活動だよなと思ったので、このnoteを書く。
あとnoteでは金の話が受けるので

小説のコミッションについてはこのnoteを読むといいよ、なんと今なら永久無料で全文読める

まずビジネスとして考えたときに、ひとりに一万円支払ってもらうのと百人に百円ずつ支払ってもらうのとでは、得られる金額は同じでも伸びしろという意味では後者に軍配が上がると思う。

百万円の同人誌を一冊頒布するより、千円の同人誌を千冊頒布する方がよっぽど現実味のある話だ。

でもコミッションとは、前者のビジネス(といっていいのかわからないけど、とりあえず報酬が発生する活動なのでビジネスと言っておく)だ。

私はコミッションの料金を、文字あたりの単価で算出している。
書いた文字数がそのまま私の懐に入る。まあ実際は手数料とかいろいろさっ引かれているんだけど、今は置いといて。

だいたい、一件の依頼で執筆する文字数は、一万字~二万字といったところ。
一件あたりの売上となるのは、おおよそ諭吉ふたり分くらい。

これが小説の対価として高いか安いかは意見が分かれるところだろうけど、「個人がひとりで楽しむもの」を提供するというコミッションの価格としては、妥当なところじゃないだろうか。

人ひとりの可処分所得には限界がある。
一万字の小説、それも自分が個人的に読みふけって楽しむだけのものに百万円を支払える人はそうそういないのだ。

ともあれ、私は一万字の小説を書いて一万円を受け取っている。

同じ一文字一円なら、百文字の小説を百円で、百人に売ったほうがずっと効率がいい。

一万字の小説というと、だいたい文庫本に換算して四十ページくらいだろうか。

四十ページの本に一万円を支払う人は、なかなかいないだろう。それこそ、よほどのファンで、その本に実際以上の価値を感じてくれるひとでもないと、難しいはずだ。

だからこそ、四十ページの本に一万円を支払ってくれる人こそが、コミッションのターゲットとなる。

コミッションの依頼主は、必ずしもクリエイター自身のファンとは限らない。
けれど、四十ページの本に一万円を払うに値する価値は見出してくれている。

それは、彼らが望む物語を私なら書けるだろうという可能性に対しての価値だ。

そこだけ見ると、コミッションではない仕事と同じように映るかもしれない。
クライアントがいて、依頼を受けて、そのとおりのものを作る。

けれどコミッションが違うのは、クライアントが個人的に「読みたい」と思ったものを作っているところだ。

個人が頭の中で考えている、至極趣味に走った創作を形にするのだ。

言い方は下品になるけれど、趣味に走ったものというのは、たいていの場合オナニーになる。
自分を、自分だけを慰めるための行為だ。

創作というものを多少かじった経験のある人なら、自分の趣味に走った物語というのがどれだけひとりよがりになることか、それを他人に見られることの恥ずかしさがどれほどのものか、理解してもらえると思う。

そんな、他人に明け透けにするには憚られる内容を、彼らは私に打ち明けてくれる。

とはいえ、初回の依頼から自分の性癖をあけっぴろげにしてくる方はそうそういない。
ご新規の方の依頼内容は、なんというか、こちらの出方を窺っているようなものが多い。

外向けにさらけ出せる範囲の性癖をお題に、こちらがどれだけその癖を理解し、好みに沿ったものを書き上げるのかを試される。

いや、実際はそんなギスギスしたものではないんだけど、まあ顧客心理としてまったく初めての店に行くときはそれなりに緊張するものだろう。俺だって緊張する

そうしたテストをくぐり抜けて、好みに合致する、オタク的に言えば解釈が一致する作家であると見なされれば、次の依頼に繋がる。

三回目、四回目の依頼ともなれば、依頼内容はかなり尖ったものになる。要は趣味全開の、性癖を理解していない人間に打ち明けるには憚られるようなものに。

この、尖る、というのが大事なのだろうと最近感じはじめた。

「角は尖らせれば尖らせただけ刺さりやすくなる」というのは、確か絶望先生の言だったと思うのだけど、私が作風を尖らせれば尖らせるほど、ある種の人間にはめちゃくちゃに刺さる。
それこそ、一万字に一万円をためらいなく支払えるほどに。

私がコミッションの依頼を受け付ける上で掲げるものとして、「エロ」、とりわけ「BLのエロ」に重点を置いている。

小説のコミッションなんてニッチな市場で、「なんでも書けます」というアピールは悪手だと考えている。いや、実際になんでも書ける人がそう掲げる分にはまったく問題ないのだけど、私は、なんでもは書けない。

なんでもは書けないが、BLはずっと長いこと書いてきた。
BLのエロなら、お金を取るだけの自信はある。

なので私は、とにかくエロが書けることをアピールしたし、依頼を受ければことエロシーンに力を入れてきた。

そうやって私が尖らせてきた角が刺さった人が、二度、三度と依頼をしてくれる。

尖らせた角に刺さるということは、依頼主の方が作家としての私を信頼してくれた証でもあると思う。

私という作家を信頼して、自分が望む小説を書いてくれると信じているからこそ、人に話すには躊躇するような内容でも打ち明けてくれるのだ。

私という作家に、私の作り出す作品に、全幅の信頼を置いてくれる人がいる。

その事実できっと私は書くことを続けていける。

百人に百円を出す価値がないと断じられたとしても、一万円を出してくれるだれかはいる。

角を尖らせていく限り、私の書くものは、どこかのだれかにきっと刺さる。

それを信じて、書いていける。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートをしていただけると私がたいへんよろこびます。

いっぱいちゅき♡
7

さくた

情緒不安定な腐女子。 OL(おっさんずラブではない)しながらBL小説やエロいテキストを書いています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。