大変な子育てをベビーシッターとしてサポート!

第二回目のシッターインタビューは、幼稚園勤務を経て、スマートシッターでベビーシッターとして働いている奥山さんです。
奥山さんは、公立保育園で43年勤務した経験を生かして、保護者の方が子育てや習い事の悩みなどについてなんでも相談できる子育てのパートナーとしても活躍中!
幼稚園勤務との違いや、シッターをしていて印象に残ったことも教えてくださったので、シッターをすることをご検討中の方はぜひご覧ください!


ーまず、スマートシッターでベビーシッターを始めたきっかけを教えてください!

元々、幼稚園の同僚が子育てしながら頑張って働いている姿をみて、何か手伝えることがないかなと思っていました。
仕事を探しているとき、スマートシッターのことを見つけて、ベビーシッターなら今までの自分の経験を生かすことができると思い、すぐ応募しました。

ースマートシッターで働いていてよかった、と思うことはありますか?

会社のシステムや研修がしっかりしていることです。

シッティング先のご家庭について申しおくりがあり、お子さん、保護者について情報共有できるのは、助かっています。

ーベビーシッターのやりがいを教えてください!

働くお母さんの手助けができることです!

保護者の方が、「本当に助かりました!」と笑顔になってくれるのを見ると、とても嬉しいです。

ー幼稚園勤務との違いを教えてください!

まず、信頼関係ですね。
幼稚園の場合は、毎日の積み重ねでできるけれど、シッターの場合は2時間くらいで信頼関係を築かなければいけません。
保護者の方の希望をよく伺って、対応することが求められます。

あと、責任もですね。
幼稚園とは違って、フォローしてくれる人がいないので、体調管理や時間管理に特に気を付けています。

ーベビーシッターのお仕事を通して印象に残っている出来事を教えてください!

2つあります。

1つ目は、小学2年生のお子さまに塾に迎えに行ってご飯を食べさせるというシッティングを行っていた時の出来事です。
保護者の方からは「(子どもは)大人びていて、一人で何でもできるので何も必要ない」と言われていたのですが、試しに粘土持っていってみたところ、とても喜んでくれました。
何度か伺う内に、帰り道でお子さまの方から手を繋いできてくれて、気持ちがつながっていったのかな...と思い、嬉しかったです!

2つ目は、シールトイレトレーニングをやっていたご家庭での出来事です。
トイレ後のシールを貼るタイミングなどが難しく、お子さまの負担になっているようだったので、保護者の方に「シールを貼らなくても、お母さんが喜んでくれたらお子さんは喜ぶのでは」とお伝えしました。
すると、お子さまのほっとされた様子がみれ、その後に、保護者の方に「アドバイス通りにやったら上手くいくようになった」と言っていただきました。
自分のアドバイスが役に立って本当に良かった、と思いました。

ー最後に、今後シッターを希望される方に対して一言お願いします!

「大の字で寝てみたい...」という保護者様もいるくらい、子育ては本当に大変なので、それをサポートできることは、とてもやりがいがあります!
ぜひ一緒に働きましょう!

ー今回インタビューさせていただいたシッターさんは…

インタビューにご協力いただいた奥山さんのプロフィールはこちら
※スマートシッターにご登録いただくとご依頼をお掛けいただけます!


◆スマートシッターで働きたい方はこちら

◆SNSはこちら

Twitter
Instagram
Facebook







よろしければシェアもお願いします。
7

スマートシッター Smart Sitter【公式】

安心・信頼できる保育のプロならスマートシッター https://smartsitter.jp/

シッターインタビュー

スマートシッターで活躍しているベビーシッターの声をお届けします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。