2019/07/19 鳥取ツーリング(未遂)覚書

鳥取ツーリング(未遂)覚書

・未明の強雨にビビって、ツーリングをドライブに変更する。ヘルメットとか買ったのにぃ。

・朝5時前に自宅を出発。ラッシュのまだ来ない京都を抜け、オール下道で丁度6時間、鳥取砂丘へ。

・砂丘の砂は意外と湿っているが、それでもメッシュ地のスニーカーには積極的なアプローチを試みてくる。ざりざり。

・馬の背のてっぺんは風が強い。

・砂の美術館では人類のクリエイティビティ、職人の技をまざまざと魅せつけられる。来てよかった。

・今井書店。

・三朝温泉は倉吉の市街地から意外と近いところにある。どれも建物は古いが、それもまたよし。河原風呂に入っているおじさんを観察する午後。

・倉吉のワークマンは家の近くのワークマンより品揃えが良い。

・ひとり旅は寂しい。自由とは度が過ぎると退屈を生む。退屈は人恋しさを募らせる。

・夕食まであと2時間半。どっか浴場いって、ビール買ってくるか。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

すあま

平日は仕事でカメラマン。週末は趣味でカメラマン(ポートレートといったら聞こえはいいが、要はスケベ)(そもそも不定休なので週末とは)。他にバイクに乗り、ドラムを叩き、気ままに生きております。28歳。関西在住。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。