寂しい海


このまま時が止まれば良い。

街からは人が減った夕方に、好きな人と静かな海へ行って、沈んでいく月とともに打ち上がる花火を見た。


花火が打ち上がるまでの時間、
波の音を聞きながら、しりとりで時間を潰す。


良い歳したオトナがしりとりで2時間って、なかなかヤバいね、と笑いながら花火を迎えた。


帰り際、好きな人に好きと言えない苦さを心の中に渦巻かせる。

海が見えるテラスで一緒に飲むビール、
あついあついと言いながら拭う汗


あれもこれも、全部このまま、まるっとココに閉じ込めて、こんな日が毎日続いたらどんなに幸せだろうと考えていた自分もいつしか、こんな時間も、いつかは終わってしまうと気付きだす。

わたしの好きな人は、
わたしを好きではなかったから。




#エッセイ #コラム #片思い #カタオモイ #恋 #切ない #エモい #海

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

Karen.

旅がすき。人がすき。文章もすき。心が温かくなる文章が書けたら良いな。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。