東洋囲碁8段戦第14戦まさかの読み落とし

僕の黒番です。持ち時間は20分秒読み30秒です。

黒番だと少し苦手なんですよね。白番の方が好きです。

17まで僕の好きな布石です。9の手が流行な手ですよね。

これと比べると黒石がしっかりしていて好きです。ただ、白も強くなっていますので好みではあります。

白18も今まではない感覚でしたが、今では真っ先に考える手になりました。黒23は普通に開くのでは面白くなく、気合でここまで行きたいところです。

白32では隅に打つ手もあったと思います。白36とこんなところにつけてきました。

1と隅に打ってこの進行もあったのかなと思います。

黒37は伸びるくらいと思います。47まで黒が繋がっていき好調と思って打っていました。

1と反発しても2と打たれるので、あまり良くないと思います。

白54でここで生きるのは辛いでしょうね。59、61とここまで厚くなり、これははっきり優勢となりました。ここから良くなりすぎておかしくしてしまいます。

隅はまだ生きていないんですが、白68と打ってきました。隅を取っても良かったんですが、とりあえず69、71と続けて打ちました。

黒85が欲張った手でしたかね。やはり平凡に隅を取るんでしたか。

1なら取れているのは分かっていました。ただ、4と継ぎを先手で打たれるので、そこが悔しかったのです。しかし、このほうが確実で良かったですね。

黒89が狙いの手でこの進行でも白は目がないので苦しいはずです。黒93がやりすぎでしたかね。いろいろ選択肢があったので、逆に迷ってしまいました。

このくらいでゆっくり打ち進めるのでした。

93、95と一番厳しい手を選びました。白108と来られても大丈夫という読みもありました。

黒111で112と取るのはダメですね。黒113の手が見えて大丈夫と思っていました。

1はこの読みで大丈夫ですし、

こちらから来られても大丈夫という読みでした。

白114の手が抜け落ちていました。取られては一気に敗勢となりました。

最後ボロボロになってしまいましたね。序盤からいいペースで進めていただけに残念な敗戦でした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます。
1

金子賢

新潟県燕市で囲碁インストラクターをしている金子賢です。 たくさんの方へ指導させていただいていることに感謝するとともに、毎日囲碁に触れられることを幸せに思います。子供が3人いて大変ですが、なるべく毎日アップできるように頑張りたいと思います。 応援よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。