見出し画像

大事な親友くんのご指摘「言葉足らず」

今日は反省するnoteです。

発信したりすることが好きなくせに
致命的な欠点がございます。

言葉足らず、であること。

大事なともだち

とっても仲の良い男友達がおりまして
まあそれはそれは私のことを散々に
可愛げないだの女として見れないなど
言ってくる人なわけなのですが
(ヒドイよね!ほんとヒドイよね!笑笑)

彼に言われてもなぜか悪い気はしません。
(普通に傷つきますけれども笑)

特別なのです。
それは私を人として、ちゃんと大事に想ってくれていることを
心から実感するからだと思います。

そんな彼が
先日また私のダメなところを2・3個指摘してくれまして
その1つが「言葉足らず」ということでした。

私のLINEの文面について

「言葉に解釈の余地を含ませすぎると悪い方に取られることもありますので気をつけましょう」と。

おおおまたきたぞ。こいつまたディスってきたぞ。

と思ったのですが
たしかに。。。!!!!と思い
すぐさまLINE画面のアナウンスに設定しました。

言葉の解釈の余地をなくす

って、たしかに重要ですよね。

私はそんなつもりで言っていない!!!

ってことも
相手の解釈次第で傷つけてしまうようでは
その言葉を発した私に責任があります。

人を傷つけてしまったら
とっても残念なので
今後気をつけようと思いました。

だいはんせーい!!!

言葉の解釈の余地をなくすために
ちゃんと理由・ファクトを提示したり
誤解を生む表現を避けたり
マイナスにとられる言葉は言わないようにしたりしてみます。

ごめんなさい。反省。

そしてまた
私に悪いところがあったり
まだ全然言葉足らずだよ!って思ったりしたら
迷わず指摘してくださいまし。親友くん。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくださると、励みになります。これからもっと皆様の心に光を灯せる記事を書いていくために、もしよかったら、サポートよろしくお願いいたします。

私もスキです♡
30

ゆりち Yuri Fujita

名大から新卒でHR×ITスタートアップにいく心理学専攻の女子大生で保育士でイラストレーターでnoter。noteでは主に🌼日頃の失敗から学んだストーリー🌼を書いてます

ゆりの平和な日常まんが。

起承転結、面白く言える人になりたくて。拙いけれど一歩一歩。平和な日常を綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。