あなただけに晴れる日がある

幼い頃に、はしゃぎ回る道で、
そっと指を離れた風船。
走って追いかけ、手を伸ばしてみたけど、
高く青い、空へ飛んで行った。

大げさな夢、見てるわけじゃない。
ただ、もう一度、あの喜びを、
あなたの手に、渡したいだけ。
悲しい顔して、泣かないで。

もっと、もっと、
あるがまま、生きていいんだ。
ほんとは。

この甘くて、切なく、ほろ苦い日々。
見る見るうちに、荒れ果てた世界にも、
必ず、あなただけに晴れる日がある。


Photo by Bruno Martinez

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたご支援は、言葉をめぐる冒険の大切な糧にします!

両想いですね!
39
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。