たて逃げ。

「クリスマスイブに泊まりに行って、朝まで裸じゃん。
せっかくだから何処かへ出掛けようよ。って言っても、
発想が腐りきってるから、温泉に行こうって、温泉に行ったの。
クリスマスどれだけ裸なのよって。

温泉で私達がカップルだって事に誰も気付かないんだよ。

この、優越感!

同性の恋人を作って同じ事をやってみなよ。
すんごく楽しいよ。
人目を盗んでイチャイチャして、人が来たら素知らぬ顔をするの。
すっごく楽しいよ!」

私がそういう百合話をすると、
『待って。たっちゃう。』
と言われた。
『頭がクラッとする。血が下に行くから。』
と。

それでも百合話をした。
「どうやってもくっつかないんだよ。」
とか。

そいつが辛そうな顔をしてるから、
私は更に指も使って「こうやってもダメだった」と説明した。

ところで、漫画等でたまにみる「美人を見てクラッとする」ってこういう事だったのか~。と、この歳で初めて知った。

可愛いな。女にはない反応だな。と思った。
可愛いと思った人にしか言わない。

立て逃げ。
後は知らない。

閉鎖病棟だし、前の病院みたく気軽に散歩に出れない。
暇だから、悩み事と病気の事と下ネタばかりになる。

私は男性グループに入って喋ってる。
基本皆友達だけど、たまに恋愛として好みの男性がいる。 (だからと言ってどうなる訳でもどうする訳でもない)

私は学校や職場で全然自分を出して来なかった。
だから友達も居場所なかったんだけど、

昔からこんな感じだったら嫌われ女子ナンバーワンだったと思う。

不活性状態だった時も違う理由で嫌われ女子ナンバーワンだったけどね。

私としては、自分が普通のFTMなら良かったと思う。
それかカズレーザーみたく、5:5のバイセクシャルが良かった。
私の割合は半々ではない。

おなべが男好きでもいいと思うけど、
男に劣等感感じるような恋愛はしたくないなあ。

アルフォートを魔封波で封じ込めた。
一日一包装しか開けてはいけない。

『出してくれえ…!たのむ…!』
って幻聴がする。

ここで情に流されたら、
『はーっはっは!お前のようなマヌケは珍しいぞ!』
ってアルフォートに馬鹿にされる。

き…たねえ…ぞ。

どうやっても駄目だったんですよね…。

(限られた時間内での自撮り。)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

精神科入院日記

主にADHDによる衝動性を何とかする為、19年振りに精神科に入院した柳井。 (二十歳の時に二回入院。今回で3回目。) 入院生活中に書いた日記と、その後の話。 入院中はいつも図書室で本を借りたり、総合病院の広い敷地内をうろうろ歩いててあまり病棟には居なかった。 19年...
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。