共に私がいてくれること

すぐに心を満たしたいの。
ちろちろした火でじっくりじっくり温めるんじゃ、
間に合わない。
凍えて意識がなくなりそうなの。
今すぐに温まらなきゃ
死んじゃうよ。

そんな気持ちにもなるよ。

例え焼け死んでも
「そんな事もあるよ。」
って言ってあげる。

馬鹿にしないよ。


涙が出るのは、どうしてだろう。
自分の気持ちを解ってあげた事が、
大切に出来た事が嬉しいのかな。

自分を美しいと思える安心感。
誇らしさ。

相思相愛って、多分この感じ。
これが幸せなんだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

詩・二

「歌う男の人になりたかった」 メロディの付かない歌 歌になったら残るのにな 書き捨て 言い捨てになりそうな 可哀想な言葉たち 何度も読んであげてください 何度も唱えてあげてください 書いたら飽きてしまって 書いたら疲れてしまって せっかく言葉にしたのに 書き捨ててし...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。