甘える事が、出来ました。

親戚と中華を食べて、グラスワインをひとつ頼んで飲んだ。

嫌な事があった訳じゃないけど
帰りの車の中で、母に怒鳴り捲った。
怒鳴り続けた。
父の魂を乗せた車内で。
父にも聞かしてるつもりで。

母にこうして怒鳴り捲る事も
障害年金貰えなくなる確率が高い事も
私が可哀想な死にかたをする事も

私のせいじゃない。

本当にそう思った。
私のせいではないと。
私は自分を責めなかった。

辛い。あまりにも辛すぎる。
毎日毎日、これでも痛みを誤魔化して生きてるけど

本当に痛い。

これだけ辛さを毎日毎日書いてるのに
馬鹿にする奴
嫉妬する奴
おちょくる奴
親の葬式でセクハラしてくる奴

これから先も、こんな人生なんだ。
救いなんて何もないんだ。

「謝ってよ」と母に言った。
『私が?なんで?』と素で言った。

本当に死にたい。
本当に痛い。
痛い。
痛い。痛い。淋しい。
もう、耐えられない。

私のせいじゃないもん。
母に怒鳴り捲る事も
お盆を楽しめない事も。
年金貰えなくなる事も
可哀想に死んで行く事も。

全部私のせいじゃない。

母に「ごめんね。」と思わないようにした。
健康で居てくれる母を
有難いと思えない事も
幸せを感じられない事も
全て
私のせいじゃない。
まさに、私のせいではないのだ。

普通の人間には耐えられない痛さだよ。

私はむしろ立派だ。
罪悪感を感じない事にした。
私の辛さが解るから。
そうやって自分を甘えさせて生きてる人間が
極限の場所には沢山居た。
許さないけど
辛さは解る。

綺麗事なんて言えない。
リアルな辛さ。

辛かったんだよな。本当に、辛かったんだよな。
怒鳴りたくなかったけど、全く止まらなかった。
本当はこれほどまでに、耐えられなかったんだよね。

心の癌だよ。死にたくなるような、死んで楽になりたいような、痛みを抱えて生きてるんだよ。

眠くなった。
疲れたよね。ちょっと休みな。
可哀想に。本当に辛かったよね。

母は
何も言わずに、DVD見てる。
昔みたく、責められたり壊れられたりしなくて、良かった。

解ってもらえたんだ。
それだけ辛いってこと。
私が悪いんじゃないってこと。
何も言わず、何も言えず、ひたすら黙って聞いてくれていました。

甘える事が、出来ました。

絶望していたけど
取り敢えず死なないで済んだ。
甘えられたからだと思う。
“甘える”って
死にたい気持ちを救う、最後の希望なんだね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

柳井理恵【理十恵】

ライター・トランスジェンダー。スピリチュアルカウンセラー。電話占い十分千円~。お申し込みはFacebookからお願いします。 一番カッコ良い悲劇のヒロイン・孤独のヒーローはこの私です。 普通の薬じゃ効かない人向け。 合わなかったら読まないでください。 苦情は受け付けません。

マイノリティリポート 5

私は自己顕示欲の塊です。 しかしそれの何処が悪い。 皆すました顔してても 誰もが悲劇のヒロイン・ヒーローの座をこっそり狙ってるのは知っている。 油断も隙もねえ。 私はその中でも一番カッコ良いです。 譲りません。 良い人っぽい人達と無意識に喧嘩を売買してしまう。...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。