なんで私入院してるんだろう (note800回記念)

病院の喫煙所で歌って、庭をジョギングして、芝生に飛び込んで。
ハイジのような入院生活を送っている。

紫外線も最近は怖くないので、曇りの日はよく空を見てる。
ご飯もちゃんと食べれている。
(私にだけ鉄分補給用の黒ごまプリンが毎日出ます)

『何の病気で入院されてるのですか?』
って訊かれたりする。
ええっと、なんでだっけ。

精神科にはよく、謎の病気で入院してる人がいる。
『私は何で入院してるのか解らないんです』
とか、
『私は甘えてるだけだと思う。入院してる事に罪悪感あります。皆もっと大変そうなのに。』
とか。
そういうのを聞く度、いつも怖く感じてる。
「ブラックだなあ」
と思う。
自分に対してブラックなんですよ。
そういう面を私に向けられたとしたら嫌だなあと思って怖い。
皆良い人なんですけど。

家にいた時は毎日、真っ黒で真っ暗な気持ちだったけど、入院している今は気分が落ち着いてます。
どうして毎日あんな気持ちだったんだろう。
なんで私入院してるんだろう。
単なる一時的な気の迷い。気まぐれで起こした癇癪。

お母さんは毎日働いて帰ってきて、どうでも良い話をして、韓ドラ見て、それだけ。何も悪い事してない。むしろ良くやってくれてる。
幸せじゃないの。
私なに贅沢言ってんのかしら。
感謝が足りない。
辛抱も足りない。
そんなんじゃこの先幸せになんかなれないよ。

常識的で普通な考え方に呑み込まれて私が消えそう。
頭の中、常識的な人達が私にしてきた説教が充満してる。
私がどんどん弱って小さくなっていく。滅菌されてしまう。

それで、
「うわあ~!消えたくない、死にたくない!」
ってなったんだと思う。
植木鉢やトイレを破壊したんだと思う。壁に「死ね 母 嫌い 憎い」と書いたんだと思う。

破壊された最新式のトイレが
”ピッ・ピッ“
って言ってるのを聞いて、心が傷んだ。
お母さんが『理恵ちゃんどうしたの?何が不満なの?』と言ってるみたいと思った。

お母さんは私が傷付いたり苦しんでるのを見ると、理恵が可哀想とか気の毒と思う。
流せば良いのに。忘れれば良いのに。と理恵にアドバイスする。
『あれは理恵の思い違いだよ』と嘘を付く時もある。
『そういう意味じゃなかったんじゃないの?』
と、私が嫌な目にあった事を否定する。
あいつ絶対私に対して悪気あったのに。

愛なのは解ってるけど、
私にとっては物凄く嫌だった。

返って疑い深くなったり、お母さんを馬鹿にするようになっていった。
私達の間に信頼関係なんてなかったんです。
私の中でお母さんは私の味方ではなくなっていたようです。
お母さんはあちら側の人なんです。


常識的な考え方に消毒されたくない。
私の声を大きくしたい。
私の声を消したくない。
安心感が欲しい。

「私は消えない。」
その安心と信頼があれば、雑菌みたいな雑音が雑念が頭の中に充満してても、
雑魚の声だと思って聞き流せる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

精神科入院日記

主にADHDによる衝動性を何とかする為、19年振りに精神科に入院した柳井。 (二十歳の時に二回入院。今回で3回目。) 入院生活中に書いた日記と、その後の話。 入院中はいつも図書室で本を借りたり、総合病院の広い敷地内をうろうろ歩いててあまり病棟には居なかった。 19年...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。