見出し画像

軽度のADHDとアスペルガーと診断されて大切なことに気付かされた話

タイトルにある通り。私は最近心療内科に行って検査を受けてきた。そして検査の結果も4日前に出た。

結果は軽度のADHD(不注意が強め)と軽度の自閉スペクトラム(いわゆるアスペルガー)。

正直、ショックではなかった。やはり私はこうなんだと分かり、スッキリした。親に言うのはかなり勇気が要ったがそれでも伝えた。

そしたら、母と父は頷き「やっぱりそうだったんだね。あなたが小学校の頃からADHDみたいなものかなと思っていたんだ。当時はまだあまり知られていなかったし、ものすごく支障をきたしていたわけでもなかったからね。ただ、いろいろ調べてはいたのよ。」と言い、

続けて母は「私も多分ADHDなのだと思う。病院はまだ行けてないんだけど。じぃじから前からいろいろ指摘されて辛かったなあ」

そして、母と父は「ちゃんと理解したし、協力するよ。味方だから大丈夫。」と。まさかこんな風に言われると思わなかったから嬉しかった。今まで家庭環境は最悪だと思っていて、父には怒鳴られるし母は少し過剰だし、、という感じでせいぜい父が寝る時間に帰るようにしていたので、大学生以降は毎晩終電だった。正直、大学生以降で初めて

早く家に帰りたいと思った瞬間だった。

話は少し逸れるが、一昨日就活で一緒になった子にLINEで告白された。正直久しぶりの再会で2回しか会えてなかったから納得いかなくて保留にしていた。ただ、冷静になって考えたら、私を好きになってくれる人っているんだなと実感した。

私は半月板もないから膝悪いし、中度の難聴で耳も悪い。そしてADHDとアスペルガーを抱えて、BMIもあと0.5で太りぎみ。

あまりにも欠けているところが多すぎる。それでもこうして私に告白してくれた人は高校時代から数えてもざっくり15人くらいいるのだ。そして、恋愛だけでなくても想ってくれる人はたくさんいる。友人もいるし、上司もいるし、後輩も、斜め上の関係も。そして、時に私を叱ってくれる人もいる。

そんないろいろな人に思われるようになったのってやはり、両親が私をそういう人に育ててくれたからなんだ。感謝しかなくてふとそんなこと思っていたら涙が止まらなくなっていた。もちろん母にありがとうと言った。そしたら親として当たり前と言っていたけど。

こんなことを言うのもあれだが、

私はADHDとアスペルガーと分かって大切なことに気付かされたのである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

13

しおり

都内の新米ベンチャーOL。春から社会人になりました。 美術館巡りと醸造酒が好き。また、ヘッダーのように料理に色を見出だすことが好きで、インスタで「#食エロ」と投稿中。 小学校の頃は作文が好きで、大学4年になって再燃。ここに残す文も作文したものをあえて選びます。

コメント1件

めっちゃモテますねww
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。