青い空と、甘く薫る珈琲(前編)

 Revivalの続きになる武川さん誕生祭で書いたSS。旧友に名前がないと不便なので高村と名付けました。武川さんとは大学の頃の同級生。武川さんは神経質で潔癖なところがあり、自分のテリトリーを荒らされるのは嫌う人のよう。でも高村には気を許しています。武川さんは仕事が出来て頭もいいので、価値観が近い人の設定にしています。外見はシュッとした優男。武川さんと同じくらいの身長があります。性格は外向的でそんなにガツガツしてません。いつも小綺麗にしていて地頭がいい。武川さんほど神経質ではなくゆるめな私生活です。情熱的な武川さんを飄々とかわせるくらいな強かさを持ち合わせた大人。愛情表現はストレートなタイプ。武川さんは牧に対してはいつもスマートな大人でリードしていたと思うので、精神的に支えてくれる存在を作りました。個人的には劇場版で武川さんに素敵な人が現れ、揺れる揺れる切ない恋の話が観たかったです。武川さんの考察やレビューを読みたいのですが、さすがにメロウなものはないですね。無理ないですけど。もちろん自分は劇場版に一筋の不満もないですが、武川さんを幸せにして欲しいのでスピンオフをお願いします。少ない情報量で武川SSを書くのは大変でしたが、当時は大変楽しく書きました。自分の中では高村のキャスティングも決まっています。これは前編で残照として後編の冒頭だけ読めます。読み返すと牧は武川さんのアドバイスで変わったと思っていたのですが、やっぱりなかなか人は変われませんね。でも喧嘩しながら春田と共に成長してくれる方が自分は嬉しいです。※全年齢対象です。


 「ね、ね、牧くん!最近、武川主任変じゃない?」

 職場の昼下がり、そろそろ昼食でも摂ろかとデスク周りを整理していると、唐突に舞香さんが話しかけて来た。

 「え?どんな風にですか?」

 もともとデスク周りは整頓されていて、整理するといってもファイル類を元に戻すくらいなのだが。俺は舞香さんに向き合うと興味深く耳を傾けた。

 「いつも順番通りに並べてないとすぐに並び替えるのにそのままだったり、モップでずーっと同じところを掃除してたり、アッキーと屋上でランチしてたら、ひとりでぼんやり空を眺めてたりするのよー」

 「え?そうなんですか?」

 「何かあったのかしら?まるで誰かに恋してるみたい。ウフフフフ!牧君なにか聞いてない?」

 「いや、知らないです」

 (前にちずさんが言っていたあの人だろうか)

 別に野暮な探りを入れようというわけではなかったが、全く興味がないというのも嘘になる。ここ数ヶ月、創一さんとのことで色々あったので自分にしか気が回っていなかった。

 (政宗には創一さんとのことで色々とお世話になったし、俺に何か出来るかわからないけど話くらいは聞いてあげたい)

 それはかつての恋人に対する気持ちというより、友人としての気持ちに近かった。


 ◇ ◇ ◇


 定刻後、俺は政宗を誘いわんだほうへと向かった。並んでカウンター席へ座り、いつものように乾杯の合図から始める。

 「今日もお疲れ」

 「お疲れさまー」

 「お疲れさまです」

 カウンター越しにはちずさんも居る。自分一人では心許ないので、ちずさんにも付き合って欲しいとこっそり根回ししたからだ。

 「で、どうしたんだ?何かあったのか?」

 一杯目のビールで喉を潤した政宗が上司の顔で聞いて来る。

 「あ、いえ、別に何も」

 「ふは、なんだよ、また春田となにかあったのかと思ったぞ」

 「いえ、おかげ様で上手く行ってます」

 「おいおい、惚気を聞かすために呼んだのか?」

 「武川さんには色々とお世話になったので、ちゃんとお礼が言いたかったんですよ」

 「なんだ?何も出ないぞ」

 くしゃっとした笑顔で目尻に皺が寄ると、年相応に見えてどこか愛嬌もある。気の置けない相手にしか見せない顔だ。このギャップが好きで惹かれたんだよなとぼんやり思う。楽しそうに喋りながら酒が進む政宗を盗み見つつ「いつもと変わらないよなぁ?」と心の中で思っていた。唐突に「武川さんの方はどうですか?」とも聞けず、どう引き出したものかと考えあぐねいていると、ちずさんが助け舟を出してくれた。

 「武川さんは最近どうですか?」

 「え?何がだよ」

 破顔しながら政宗がちずさんに聞く。

 「今日はあの方はまだ来てないですね」

 「ん…あぁ?高村か?」

 「そう、高村さん。最近、一緒に飲んでらっしゃらないじゃないですか」

 「ん、あぁ…まぁ、な」

 急にどもり出した政宗を見て、その露骨な反応にびっくりした。

 (え?明らかに動揺してる。いつもとうとうと流れるように言葉が出て来るのに)

 それは自分の中の嗜虐心を擽る仕草だった。

 「実は最近はこちらからは連絡を取ってないんだ」

 「え?そうなんですか?」

 ちずさんが特になんでもないようなトーンで、それでもやんわりと探りを入れる。俺も隣でなんでもない風を装い、政宗の次の言葉を待った。

 「ん…まぁ、なんというか、ちょっと気まずいというか、いや、別に嫌というわけじゃないんだが、喧嘩をしたというわけでもなくて、なんと言うのか…少し顔を合わせ辛くて」

 少しはにかんだような笑顔を浮かべながら、曖昧にちずさんに答えている。

 (政宗のそんな顔初めて見た…)

 驚きと喜びが混ざったようなテンションを抑えつつ、チラリとちずさんにアイコンタクトを取ると、彼女もニヤける口元を押さえて笑いを堪えているように見えた。やっぱり女性の方がこういう嗅覚は鋭いらしい。

 (政宗は恋をしている!)

 俺はそう心の中で確信した。

 「高村さんからは連絡はないんですか〜?」

 ちずさんはのんびりした口調で、少なくなっていた政宗のコップにビールを注ぎ足した。

 「ああ、俺たちは互いに干渉し合わない方だから、仕事が忙しい時に連絡がないことはしょっちゅうある。時間を作ってまで飲みに行くこともないしな」

 それを横で聞いていて、そのすれ違いが自分たちの別れに繋がったのだとぼんやり思い返していた。だから創一さんとは時間を作ってでも話をするようにして、なるべく会うようにしている。でも、当時はそれが多忙な政宗への気遣いだと思っていたし、話したい気持ちや会いたい気持ちを抑えることが信頼の証のように思っていた。

 それでも創一さんは違った。自分の気持ちに真っ直ぐで、バカ正直で、全然我慢なんてしない。最初こそそれに戸惑いはしたものの、ストレートに愛情をぶつけられることや、こちらからぶつけることも、互いを知る上で重要なのことなのだと知った。臆病で全てを抱え込んでしまう自分を、なんのためらいもなく飛び越えて来てしまう打算のなさが俺には必要だった。

 「武川さんは本当にいいんですか?」

 いつか自分に投げかけられた言葉。

 (本当にいいのか?)

 「え?」

 「武川さんは高村さんから何の連絡もなくて、本当にそれでいいんですか?寂しくないんですか?」

 自分の中で政宗の言葉を反芻するように言った。彼にいつかの自分を重ねて見るあまり、つい口調も強めになってしまう。

 「それは…」

 政宗が言葉に窮していると、ガラララ!とわんだほうの入り口の戸が開いた。

 「いらっしゃい!あっ…」

 ちずさんが戸口の方を見て固まっているのを不審に思い、促されるように戸口へと視線を向けると、そこには長身の男が立っていた。

 「あれ?武川」

 その男は政宗を見つけると人なつこい笑顔を浮かべてゆったりと近づいて来た。政宗は「高村…」と呟いたきり放心状態だった。

 (この人が高村さん…)

 「今日は約束してなかったのに奇遇だな」

 高村さんは政宗の右隣に座ると、その奥の俺を見やり「こんばんは」とにこやかに挨拶をして来た。その声に放心状態だった政宗が我に返り、簡単な紹介を始めた。

 「あ、こいつは高村。大学の頃からの友人だ。といっても再会したのはここ数ヶ月前だがな。彼は牧だ。同じ職場の部下だ」

 「はじめまして、牧です」

 「高村です。いつも武川が面倒かけてませんか?」

 「ちょっ、おい」

 「いえ、そんなことは。いつもお世話になっています」

 (政宗は俺のこと、高村さんに話してはないのか?)

 高村と名乗った男はスラリとした長身で、背丈はおそらく政宗と同じくらいだろう。目鼻立ちがはっきりとしていて、やわらかそうな前髪をふわりと下ろしている。低めの声には独自の響きと艶があり、雄としての魅力を十二分に発揮していた。髪を下ろしているせいか全く威圧感はなく、やわらかな物腰には大人の余裕すら感じた。良く言えば人当たりがソフトで、悪く言えばひょうひょうとして掴み所がない感じがした。

 「最近、仕事が忙しくてな。悪い、連絡できなかった」

 「別に謝ることじゃない。そんなことはわかってる」

 「まさかお前がここで飲んでるとは思わなかったよ」

 政宗に向けられるまなざしの熱さが彼越しにも伝わって来て、さすがに面食らってしまった。

 (こんなに愛情表現がダダ漏れな男は初めて見た。創一さんのそれは単なる好意だけれど、高村さんのそれはもっと複雑な感情な気がする。もしかして牽制してるのか?いや、考え過ぎかな)

 政宗はそれとなく高村さんと目を合わせないようにしているけれど、高村さんはまっすぐに政宗だけを見つめていた。

 (もうなんだか見てられないな。二人の空気に当てられてこっちがのぼせそうだ)

 それはちずさんも同じようで、高村さんに「いつものでいいですよね」と声をかけて雑用をこなし始めた。そうなると手持無沙汰になってしまい、かといって二人の世界に割って入れる雰囲気でもなく、ここは退散すべきだと政宗と高村さんに声を掛けた。

 「あの…俺、明日早いんで、今日はこれで失礼します」

 「おい、牧」

 政宗がひとりにしないでくれという風に、心なしか潤んだ瞳で訴えかけて来た。

 (なんなんだよ。完全に恋する乙女じゃないかよ)

 俺は心の中で必死に笑いを堪えた。何があったのかは知らないけれど、これ以上政宗の恋路の邪魔をするわけにはいかない。後は野となれ山となれだ。

 「なら、俺たちが店を変えよう」

 高村さんがそう提案すると、そう言っている側から政宗の腕を取って席を立たせた。

 (強引だけれどスマートな立ち振る舞いだな。さすが大人の男だ)

 心の中で素直に感心する。この人なら政宗を任せて大丈夫だろうと思えた。どうか政宗にも幸せになって欲しいと、そう願わずにはいられなかった。


 ◇ ◇ ◇


 高村さんに引きずられるように出て行った政宗を見送ると、俺はちずさんと顔を見合わせて笑い合った。

 「ねぇ、牧君、武川さんてあんなに可愛い人だったの?」

 「いやいやいや、俺だって初めて見ましたよ、あんな政宗」

 「なんかさぁ、素敵な人だったねー。高村さんって」

 「ですね。仕事も出来そうだし頭もキレるけど、物腰が柔らかくていかにも大人な感じがしました」

 「うちのダーリンも直球だけど、高村さんも直球だったねー。当てられちゃった」

 「あはは。俺もそう思ってました」

 「武川さん、幸せになるといいね」

 「はい、本当にそう思います」

 俺がそうであったように、政宗も新しい恋へと一歩を踏み出して欲しい。そしていつか良い報告が聞けるといいとそう思いながらグラスを傾けた。


 …残照…

青い空と、甘く薫る珈琲(後編)


 高村に腕を引かれてわんだほうを出たあと、どこへ行くのかは聞かず高村に任せていると、マンションらしき建物へと連れて行かれた。

 「店を変えるんじゃなかったのか?」

 「ん?俺の部屋。お前、さり気なく俺を避けてるだろ?」

 「そんなことは」

 いきなり核心を突かれて咄嗟に上手い言い訳が思いつかなかった。避けているのではなく、ただ恥かしいだけだ。あれからどんな顔をして会えばいいのか。友人として?それともそれ以上の関係で?

 「お前とゆっくり静かな場所で話したかったんだよ。再会してから俺の部屋にも呼んでなかったしな」

 仕事柄多くの物件を見ているが、高村のマンションは利便性に富んでいて、周辺の環境もとてもいいところだった。無意識に頭の中でマンションの相場と高村の年収を算出してしまう。ある種の職業病だと我ながら呆れる。

 エントランスを抜けてエレベーターに乗り込むと、気まずい沈黙が流れた。何か会話の糸口を探ろうと焦れば焦るほど何も出て来ない。そんな俺を傍目に高村は別段気にした様子もなく、意識しているのは自分だけかと少し切ない気持ちになった。高村は慣れた手つきで自分の部屋のドアを開けると、俺を招き入れた。

 「適当に座ってくれ。コーヒーでも飲むか?それとも飲み直す?」

 「コーヒーを頼むよ」

 「了解」

 通されたリビングはウッディーな床に黒を基調としたシンプルなインテリアでまとめてあり、いかにも洗練された独身男の空間だった。それでも殺風景さを感じないのは、木のぬくもりがあるフローリングや、暖色系の照明のせいだろうか。部屋は空調が効いており、暑くも寒くもなく快適だった。開口を広く取ってある窓からは美しい夜景が見下ろせた。

 「いい眺めだな」

 昼間の喧騒から遊離したマンションの一室はまさに心のオアシスといった感じで、ここが高村の部屋だと忘れてしまうほど落ち着く場所だった。コツンという音に振り返ると、高村がマグカップをテーブルに置いているところだった。軽い既視感。以前は自分がそうやって高村にコーヒーを淹れた。

 「まあ、座れよ」

 そう促されて黒いソファーに腰を下ろす。高村は向かいのひとり掛けのソファーへと腰を下ろした。心を落ち着かせるようにコーヒーで喉を潤すと、俺は誤解がないよう意識して口を開いた。

 「別にお前を避けていたわけじゃない。ただ、恥かしかっただけだ」

 高村からは、ふ…と吐息交じりの笑みが返って来た。全く予想通りだ。わかってるんなら聞くんじゃない。

 「高村…俺は結構、面倒くさいぞ」

 「知ってる」

 「それに嫉妬深いし」

 「ああ、わかってる」

 「自分でも情けないくらいに自分をコントロールできなくなるし」

 「それで?」

 いつの間にか高村は俺の傍にいて、俺が持っていたカップを取り上げるとテーブルの上に置いた。

 「もうキスしてもいいか?」

 高村に肩を引き寄せられ、顔が近づいたかと思うと唇を塞がれた。高村は軽く啄むようなキスを繰り返す。その度に胸の裡に甘く切ない感情と淡い疑念が頭を擡げる。高村は決して無理やり自分の胸の裡を暴こうとはしない。だから俺から行動を起こすのを待っているのだ。過去に囚われず頑なな心を開けと。この男に俺は全てを預けていいのだろうか。

 「んっ…ちょっと待ってくれ」

 高村を引き離すとささやかな抗議の言葉を口にする。

 「まだ…好きだと言われてない」

 「案外、乙女なんだな」

 高村に薄く笑われて、乙女とはなんだと反論しかけた刹那「愛してる」と突拍子もない告白をされた。

 「なっ…!」

 「ふは、長い付き合いだが、お前って可愛いんだな」

 高村が目尻に皺を作って楽しそうに笑う。俺の中で何か温かいものが拡がり、まるで雪解けのように心がほどけていく。俺はもうかなりこいつにほだれているのかもしれない。

 「からかってるのか?いい歳をしたオヤジに可愛いはないだろう」

 「それで?」

 「なにが?」

 「お前はどうなんだ?」

 「そんなの…俺は大学の頃にお前が好きだったんだよ。知らなかったのか?」

 「ああ、なんとなくは、な。あの時はお互いにタイミングが合わなくて。俺には付き合ってる奴が居たし。だから再会出来た時は嬉しかったよ。それでもお前は俺の前で好きだった男の話をして泣くから、少し虐めたくなった」

 「お前が妬くって?」

 「意外か?」

 「ふ…そうだな」

 自分だけに投げかけられる甘い囁きが心地いい。

 「それで今は?」

 「ん?」

 「それで今はどうなんだ?」

 高村が俺の手を握って熱い眼差しを向けて来る。俺は真っ直ぐに高村を見つめると、意を決して言った。

 「好きじゃなきゃ、とっくに殴り飛ばしてるよ」

6

SOLUNA*

心の海に棲まうもの 泪の河で創り出でし海 その限りでしか 息づけぬ魚

おっさんずラブSS

おっさんずラブのSSまとめ
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。