見出し画像

「ダメ人間」ほどプログラミングに向いている理由とは

こんばんは。

ソマリです。

昔からよく聞かれる質問の一つに

「プログラミングの学習を始めてみたのですが、呪文のようで全く理解できません。プログラミングに向いている人ってどういう人ですか?」

というものがあります。

結論から言うと、「プログラマの適正」というものは確実に存在します。

ただそれは、一般的にイメージされているような下記の要素はほとんど関係ありません。

■一般的にプログラマの適性があると思われている要素
・理系の人
・論理的思考能力がある人
・数学が得意な人

情報系の学部を出ていようが、数学が得意だろうが、どんなに何年も努力しても適性が無い人はプログラミングができるようにならない、という現実を私は実際にたくさん見てきました。

プログラマの適正は、そうしたものではなく、実は個人の価値観やパーソナリティに依存します。

プログラマに向いている人の特性は下記の2点を満たしていることです。

①「死ぬほど怠惰」であること
②「面倒くさいことをやらなくて良くする仕組みが構築できるなら、死ぬ気で努力することを何とも思わない」こと

私の周りの優秀な方は大体上記2点の特徴を満たしていて、常に「楽ができる環境」を目指して勉強しています。

逆に、「仕事は手を抜かずに、お客様のために誠意をもってやり遂げるべき!」、「楽をして生きていこうと考えている人に対しては嫌悪感が物凄くある!」という方には向いていない分野かと思います。

プログラミングの本質は、論理的思考でもなければ数学的センスでもありません。

「労働集約性からの解放」こそがプログラムの本質です。

「めんどくさいことは、システムにやらせて自分は楽して生きていきたい」という強い気持ちこそが、難解な言語や仕組みの勉強への動機づけとなり、スキが上昇します。
更には「システム組むことすらめんどくさい、もっと効率的な方法はないか?」と模索した結果、論理的思考能力などが身に付いてくるのが一般的です。

かくいう私も、12年ほどこの業界にいて、仕事への適正はある(ある意味天職)と思っていますが、そもそも「働く」という行為が美しくないと常に思ってきました。

生きる糧(お金)を得るために、命(時間)を捧げる行為は本当に我ながら理に適っていないと思います。

私が思う「美しい姿」とは、好きな人と好きな時に好きなことをしながら、美味しいものを食べて、平穏な精神状態を保ち、適当にアドレナリンを放出して、静かに死んでいく事です。

そこに「お金を稼ぐ」という要素はないです。
お金という概念は、資本主義社会で我々に課せられた、幸福追求とは全く別次元の「足枷」でしかありません。
お金は「仕方なく稼ぐもの」です。

「自分のやりがいのある仕事をしたい」
「楽しく、自分が本当に好きなことを仕事にして生きていけたら幸せ」
「お客様の笑顔のために頑張りたい」

上記のような、労働から解放されることを諦め、二度と戻らない自分の命(時間)をビジネスに投入することを正当化しているような言葉を聞くと、いつも私は悲しくなります。

資本主義社会に生きる者の宿命として、お金が必要なのであれば「別に何もしなくても、適当に生きていくために必要なだけのお金が銀行口座に勝手に振り込まれている」状態が妥協できる美しい状態と感じます。

その状態を実現するためにはどうしたらいいのか?

その鍵はやはりシステム(仕組み)構築にあります。

現在はネット上でもの・サービスの取引が完結する社会です。

そうだとすれば、データを取り扱うシステムですべてが自動化できるはずです。

近頃私はよくこんなことを考えます。

・せどりのリサーチをプログラムが24時間休まずやってくれたらどうか?
・アフィリエイト、アドセンスの記事作成をプログラムが1日数万記事書いてくれたらどうか?
・機械学習やディープラーニングを用いて、株式・FX・仮想通貨の価格変動予想が完全にできたらどうか?

実は上記で上げた2つはすでにほぼ実現できています。

そして、システム構築の知識・スキルこそが「完全不労所得」の仕組みを作るための錬金術、打ち出の小づちであることを確信しつつあります。

「働きたくない」
「何もしなくてもお金だけ振り込まれてきて、楽しく適当に生きていたい」

社会人になって10年以上がたちました。

私もいい大人です。

こんなこと世間で言ったらどんな人間として見られ、扱われるか分かっています。※実際会社とかでは言いませんが笑

しかし、このプリミティブな心の欲求に向き合うことができない限り、
私は真の幸福追求など夢のまた夢で妥協の中で人生を終えることになると確信しています。

noteでは、皆様にこうした私の想いをお伝えするとともに、プログラミングの技術を継承していき、同じ志を持った仲間を増やしていきたいと思っています。

プログラミングに興味のあるかた、聞きたいことがある方は遠慮せずメッセージくださいね。

それでは、読んで下さりありがとうございました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

26

ソマリ

東証1部上場企業の社内SEとして働くITエンジニア(12年目) IT技術を用いた完全自動収入の仕組みを研究・構築しています。 「働かず、楽してお金だけ振り込まれる生活がしたい!」 という世間的にはOUTなココロの欲求に、真摯に向き合うことをここに誓います。

コメント5件

はじめまして(^▽^)/
プログラミングに興味を持ち始めたのですが、何から始めればいいのかがわかりません(;'∀')
アドバイスよろしく尾根餓死します( ̄ー ̄)ニヤリ
喜多 漠路さん
コメントありがとうございます。
その美しい姿が実現できるよう、頑張っていきます!
フィボナッチな男さん
コメントありがとうございます。
まずは、プログラミングで実現できることを調べてみてください。
そこから、どう実現していくのかを調べて必要なことを勉強してみるのが良いと思います。
ありがとうございます(^▽^)/

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。