価値観を更新するということ

最近よく考えています。

こどもを産んでから数年、セルフイメージと周りから求められるイメージに差があるなと感じていて、なんとなく居心地が悪くときには申し訳ない気持ちになることもありました。

母親業が慣れてきたいま振り返って思うのは、

『価値観の更新は思った以上に時間がかかる』ということ。

結婚、妊娠、出産、育児、ワーママ。ライフステージが変わるごとに求められる自分がガラっと変わる。短期間でめまぐるしく。
私は私なんだけど...と、どこかおいてけぼりをくらったような、でも必死に期待に応えようとする自分もいてただただしんどかったです(笑)。

母親になった途端、価値観がスイッチみたいに切替わると思われてるのなんでなんでしょうね。

価値観とは、

「いかなる物事に価値を認めるかという個人個人の評価的判断。」(三省堂 大辞林)

個人が個人のために使うものなんですよね。

だから親切心でも、求められてないのに「こうした方がいいよ!」「母親なのにやりたいことやるってのは贅沢な考えだよ」「今はそういう時期なんだから仕方ないんだよ」と言って相手を変えようとするのは、価値観の押しつけでしかないんですよね。

私もいろんな人にいろんなことを言われました。超正論もありました。

でも、価値観を更新するきっかけになった言葉は、聞く耳をもったタイミングで共感とともに放たれたものでした。

価値観って、一瞬でガラッと変わることもあるけど、大体はじわじわ(内発的に)変えていくものなんだと思う。感じることの積み重ねで培っていくものだから。

だから、自分がいいなと思う感覚を信じて吸収していくのがいいと思う。
そうして歳をとるごとに価値観が更新され、洗練されていく。

長い人生で培っていく価値観だからこそ、誰かを批判したり裁いたりするために振りかざすんじゃなくて、誰かの希望になるようなそっと寄り添うものであるといいんじゃないかと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

励みになります!
1

some_co

つれづれ

日記的な!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。