【そもんず通信第21号】藤原和博さんから学ぶ「信用と希少性を兼ね備えた人になる方法」---そもんず式「信用度」チェックリスト付

こんにちは、そもんずです。

先日、ホリエモンや西野アキヒロさんの書籍でもとりあげられている「100万分の1のキャリア」を提唱されている藤原和博さんの講演会に行ってきました。

藤原和博さん経歴
リクルート出身で、初のフェロー。前奈良市立一条高等学校校長で、元公立中学校校長、著述家。東京都生まれ。東京都初の民間人校長として杉並区立和田中学校の校長を務めた。

「45歳の教科書」という本の出版イベントだったのですが、そこでの学びを共有してみたいと思います。

すでに、藤原和博さんの「100万分の1のキャリア」に関する講演についてはYoutubeなどで、見ることができるので、ぜひ確認してみてください。

今回は、講演会の中で印象的だったワークショップを取り上げるのと、最後にそもんず式「信用度」チェックリストを掲載していますが、なかなか面白いと思います。

■目次
1:情報編集力を高めるワーク
2:共通点を探すワーク
3:そもんず式「信用度」チェックリスト

それでは、早速開始してみましょう。

1:情報編集力を高めるワークショップ

情報処理力と情報編集力の中で、情報処理力ももちろん必要ですが、情報編集力へのウエイトが高まってきているという点の話がありました。

この続きをみるには

この続き:3,871文字/画像5枚
記事を購入する

【そもんず通信第21号】藤原和博さんから学ぶ「信用と希少性を兼ね備えた人になる方法」---そもんず式「信用度」チェックリスト付

そもんず

780円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます😊
17

そもんず

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。