見出し画像

CDを取り込みflacファイルで音楽ライブラリの作り方を紹介

ダウンロードしたmp3ファイルで気に入った音楽をいつでも聴ける今では、CDをプレーヤーにかけることすら億劫になってしまいますよね。
でも、やっぱりいい音でも聴きたい…そんなとき、どうすればいいんでしょうか?

今まで買ってきた手持ちのCDなど、どんどんパソコンでflacファイル化していきましょう!

そして、ジャケット表示や作曲者なども情報として入れておくと、自分だけの音楽ライブラリーが完成します。

聴くときには、操作用に古いタブレットPCや使ってないスマホなどを利用すると、タッチ操作が可能な簡易のオーディオNAS(Network-Attached Storage)にもなります。

聴きたいときに、聴きたい曲が、さっとかけられるのは快適すぎます(^-^)。
そうすれば、もっとCDをライブラリーに入れたり、一歩進んでハイレゾ音源を聴こうって気にもなるってもんです。

そこで、そんなときにお勧めのアプリケーションソフトをいくつかご紹介しますね。

foobar2000:リッピング&プレーヤーソフト
http://www.foobar2000.org/

画像1

CDからの取り込みやプレーヤーとしても軽量かつ高機能で、カスタマイズにも柔軟に対応するソフトです。
表示が英語表示しかないのが欠点ですが、日本語で詳しく解説したサイトも多いから安心です。

参照:foobar2000解説サイト
http://foobar2000.xrea.jp/index.php?FrontPage

さて、このソフトを使ってCDから音楽の取り込むには、

flacファイル:flac-1.3.1-win.zip
https://sourceforge.net/projects/flac/files/flac-win/flac-1.3.1-win/

32bit、64bitに合わせ、flac.exeをfoobar2000のフォルダに保存するだけでOKです。

さらにmp3プレーヤーでも使いたい場合は、合わせてmp3用の必要なファイルも入れておきましょう。
http://www.free-codecs.com/lame_encoder_download.htm

そのほか、簡易オーディオNAS用に便利なソフトも紹介します。

foobarCon:スマホからfoobar2000の入ったPCをコントロール
https://sites.google.com/site/foobarcon/

有償版もありますが、無料版でもプレーヤーとしての機能は充実しています。
スマホ側のアプリはGooglePlayなどからインストールできます。

MP3TAG:タグ情報エディター
flacのタグ情報も扱え、一括変換なども可能な高性能の音楽ファイルタグエディターです。
http://www.mp3tag.de/en/download.html

皆さんも、さらに快適な音楽ライフを!

画像2

----

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
聴きたくなった音楽ついて、自分のライブラリーからアルバムを一枚ずつ毎日こつこつとブログに紹介しています。 邦楽や洋楽が中心ですが、アニメからクラッシックまでジャンルを定めず好きなように書いていってますので、興味のツボが合ったものがありましたらコメントなどいただけると嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。