誠に勝手ながら、隣人の安否を心配し、お節介な行動に出た結果

隣人、亡くなっているんじゃないか。

1〜2週間前、私は隣室の男性の身を、ひとり勝手に案じていました。半年ほど前に引っ越してきた男性は50代半ば頃。全室1DKのマンションゆえ、単身赴任の可能性高め。内廊下に停められたクロスバイクが週末の日中だけ姿を消すのが恒例でした。

しかし、ある週末はクロスバイクがずっとそのままで、さらにその傍に束ねられた雑誌類も、1週間以上放置されていたのです。こんなに動きがないなんて、何かあったんじゃないか。もしかして、室内で倒れているんじゃないか。

嫌な想像ばかりが頭を駆け巡ります。これまで男性とは二度、エレベーターで顔を合わせ、笑顔で挨拶を交わしたことがあります。たったそれだけですが、妙に心配になってしまったのです。

何とかしたくて、だからといって当時は相談する相手も思いつかず、ネット上に「隣人 死んでる」と検索ワードを打ち込むと、思いのほか多くのページがヒットしました。私と同様に隣人の安否を不安に思う人は少なくなかった。そこには心配なら、エントランスでインターホンを鳴らしてみて、在宅(無事)であれば、間違えて鳴らしてしまった旨伝えて、ごまかせば気まずくない等のアドバイス(?)が書かれていました。

どうしよう。それからさらに2日ほど悩んで、やはりクロスバイク、雑誌の束共に動きがないのを見て、その日の夜、帰宅した私は思いきって伝言メモを書く、という方法を選択しました。

・隣人のイケダです

・1週間以上、雑誌などがそのままのため、少し心配になりました

・もし何もお変わりなければ、この手紙を私のポスト(◯◯◯)に入れてください

・出すぎた真似かもしれませんが、お許しください

といった要点を書いた紙を、自分と隣り合った男性のポストに入れたのです。男性のポストには数日分と思われる広告等が溜まっていました。

それから2日後くらいに、動きがありました。私のポストに男性から返信が入っていたのです。1枚のミニ便箋には、

・ご心配をおかけして申し訳ありませんでした

・6末で異動が決まり、地元へ戻るために、週末からしばらく帰省していました

・お心遣い誠にありがとうございました

といった内容が丁寧な字で綴られていました。

ホッとした思いもありましたが、自分はお節介なことをしてしまったのかもしれないな、侵入すべきではない領域に立ち入ってしまったのかもしれないな、とも感じました。

(その間、友人に「隣人が亡くなっているかもしれない。本当はインターホンを鳴らしたい」と相談したところ、一笑に付され、「出張中か旅行中なんだと思うよ」「隣人にインターホン鳴らされたら怖いよ。逆の立場で考えてみて」と忠告され、そりゃそうだよな、とも納得。滅多にないけれど、自分も1週間くらい旅行等で家をあけることはある)

と同時に、もし自分がマンションの室内で突然死んでも、誰も気づかないだろうなとも考えました。建物内に異臭が漂い始めるまで、死を意識され、発見されることはないだろうな、とも。

共有部に何も出していない私は、外から見ると住んでいるのかどうかもわからない状態。“変化”がないのです。それに、そもそも人間関係が希薄というより、ないに等しいといっても過言ではない、都会の単身者メインのマンション暮らし。

今回の出来事を通じて、生と死、お節介魂はどこまで発動させていいのか、等考えるきっかけを得ました。答えは出ていませんが。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

128

池田園子

雑感

コメント12件

なかなか難しいなぁと思いました。
東京で過ごした学生時代、自分の田舎と同じ感覚で菓子折を持って引越しの挨拶に行ったらものすごくめんどくさそうに、迷惑そうに対応されたのを思い出しました。
一方で、アルバイト先では人情溢れる対応で、助けられた思い出。
お互いの顔がわかれば、お付き合いもできるけども、
最低限、お互いの顔を知ろうとすると煙たがられる・・・難しい時代になりました。
お節介なんかじゃ決してないと思います。隣人を気にかけるのは大切なこと。お隣さんはもちろん喜んでおられるでしょうし、心強く感じているはずです。
私もあなたみたいな方が隣人だと心強く感じます。また、私も同じ立場なら同じように行動しようと思いました。迷惑がられても結構。お節介上等です!
しばらくnote見てなかったら、、たくさんコメントをいただいて嬉しいです(涙)。ありがとうございます! 自分のした行動は結果的に良かったんだな、これからも気になることがあれば、行動に移そうと改めて決意しました。わたしの報告記事を読んでくださった皆さん、ありがとうございました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。