株式会社SOOY

味噌の今を知ろう

味噌リンクまとめ

味噌業界の今をしる

そのためのリンクまとめ

みそ業界 トレンドは甘口、液みそ・顆粒みそが今後の市場をけん引か 大手と中堅の格差は拡大
https://www.ssnp.co.jp/news/soy/2019/05/2019-0422-1644-14.html

記事中に、味噌の御三家(マルコメ、ハナマルキ、ひかり味噌)も登場
生産量は、年間47万トン

味噌からMISOへ 

もっとみる

コスト?費用?味噌の製造工程ではなく、マーケティング費用

どのようなコストがかかってくるか

実際のところコスト感はマーケティング会社の場合にはほとんどが

「人件費とシステム料金」

システムは様々なものだけど、

販売に関するシステム(広告、PR、MAツール等)

管理に関するシステム(不動産、人事、経理等)

が主なもの

ここを最低限で回さないと、理念に反する

味噌を世界一売る会社として、

味噌以外を持つことになんの意味もない

なので、必要

もっとみる

味噌のファブレス化の課題

ファブレス化の課題

ファブレスをするに当たっての課題は、

もちろんパートナーをどう見つけるか。

もちろん、味噌工場を持っているような大きなところだけではなく

地方の味噌事業者の方々から分けてもらうっていう形もあります。

あくまでも課題は、

どこに販売するか、

どう使ってもらうか

ここに焦点を当てて、日本にもっと味噌の良さを理解

(と言っても、割と課題感はないと思ってて、必要なのは

もっとみる

味噌のファブレス化

味噌のファブレス化

自分で作ればいいじゃん

いや、簡単にいうけど製造工程大変よ

それに、目的は

世界一の味噌を売りたい

のではなく、

味噌を世界一売りたい

ってことなんですよね。

そうしないと、

「文化」

にならない。

マーケティングに特化するということはそういう意味です。

そういったことで、

味噌のファブレス化と呼んでいます。

協力会社を巻き込まないといけないわけです

もっとみる

なぜ、味噌なのか

味噌から来たSOOY

それは、一つの気づきでした。

乳酸菌飲料めっちゃ流行ってるのに、味噌汁全然流行ってないないやん

っていう気づき。

ただ、味噌ってそこまで衰退はしていないんですよね。

地方では味噌御殿と呼ばれるような味噌の人たちはいっぱいいるし、大手味噌メーカーも安定的に収益をあげてる。
だから全然イノベーションなんて必要ない。

ただね、やっぱりそこは問題意識持たないとね。

日本

もっとみる

株式会社SOOY発足

この度、株式会社SOOYを発足。

味噌業界に変革を。