見出し画像

【Xツアー爆進中②】傷を背負い続けるのがXJAPAN。

大阪での2daysが終わり、横浜4daysが進んでいる。
ちょっと仕事が忙しく日々綴ることができなかったので、それぞれの日に書いていたメモを軽くまとめて載せる。つまり、思いそのままなので、相変わらずキモい。

大阪1日目は、YOSHIKIを心配しすぎてライブ自体を楽しめず反省し、
大阪2日目は、「エールを送るぞ!」と気合い入れて行ったら、それをはるかに超える圧巻パフォーマンスにもう心かき乱され感動し、
横浜1日目は、Xと出会った頃ばかりが思い出され、
横浜2日目は、「何があってもXを守る」なんて決意を新たにしていた。

本来なら「アコースティックライブ」という妥協で始まったかのように思われた今回のツアーだけど、
それだからこそ余計に、あまりにも等身大な彼らがそこに居て、なんとか彼らを必死に支えたいと願うファンが居て、
ちょっと、信じられないほどに魂のこもった日々になっている。

その頃を思い出したら、その頃の自分に戻って、世界全てが敵に見えてたころなんて思い出した。幼い日、何もかもが敵に見えて、孤独で仕方なくて、そこで必死にXにすがっていた頃のこと。丸太にすがるようにXにすがって、海を漂流している感じ。

そんな頃を思い出して、そういえば私とXは孤独や傷で繋がったんだなあなんて思い出した。傷ついてるXと傷ついている私が一緒になって、世界に私とXしか居ない感じを思い出した。

他に誰も居なくてもXが居ればいいや、なんて思いが一瞬起きちゃって、自分で驚く。きっと、根本は変わってないんだ。
こんなにも毎日楽しく、大切な人たちに囲まれハッピーに生きてるけど、でも、「生きるのって辛いね」からはまだ抜けてなくて、そこでXと舐め合って生きている。それを、思い出した。

Xは、もう傷ついてしか生きれないんだ。傷ついて傷ついて進む人たちなんだ。うまくこの世を渡っていくなんて、できないんだ。
辛そうでフラフラなYOSHIKIに、エールを送りたくなるけど、
でも、この人はこうしか生きれないんだ。

傷ついて、傷ついて、寂しくて、あぶなっかしいのがXなんだ。
そんなことを、思い出した。最近あまりにXが幸せ満点だから、忘れてた。

順風満帆なんてきっといつまで経っても来ない。
いつだってきっと、壁が次から次へやってきて、いろんな梯子が外されていく。
でも、それが、進むということなんだと、そんな覚悟をXは決めたように思う。「そうやって進むのも俺たちらしいね」ってその境地まで行った気がする。そんな風な進み方が、俺たちらしくておもれーじゃん、と。

前のツアーで私は、「これからの彼らにこれ以上災難がふりかかりませんように」と祈ってた。

でも、災難はきっと、ずっと起こるんだ。
だから、思いは変わった。「何があっても、どんな風でも大丈夫。」

不器用で、いつだって何か予想外なことが起こって、傷つき続ける彼らを、
絶対に止めさせない。という覚悟に変わった。

何があっても、大丈夫。
これからも、次々に起こるだろう。悲しいことはやってくるだろう。
でも、大丈夫。

今回のツアーは、その覚悟をくれた。その確信をくれた。
Xは、何があっても大丈夫。だって、今までもそうしてきたじゃない。

50を超えても、刃をどんどん研ぎながらガムシャラな彼らを見て、
私もまだ守りに入ってたまるか、とメラメラする。

幸せと、メラメラと、ありがとうが混ざり合う。
生きててくれてありがとうも混ざり合う。

今回のツアーは、どんどんXとの一心同体感が育ってしまう
素直なXを前に、私もどんどん素直になっちゃって、
もう自分の感情もよく分からない。

泣きたくなったり笑いたくなったり、感情があまりに忙しくて、口をへの字に曲げて下唇出して、泣くのをこらえる子供みたいな顔をしていた横浜初日。

わかんなくなっちゃった。
ただ、このツアーをやってくれたことが、嬉しい。
これから何があっても、大丈夫。そう思わせてくれてありがとう。

途中からYOSHIKIが言うようになった、「Xって言葉の意味は、何があっても負けない、諦めないってことだ」は、心の奥底に、伝わっている。

追伸:今回のツアー、演奏の素晴らしさにも言及したい。ちょっと、トシ君どうなってんの。とんでもない。新しいアレンジたちにも、心震わされる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

その労力に、心から感謝します。そらみ
5

そらみ

舘そらみ。脚本家、演出家、俳優。酒飲みの旅好き。映画「私たちのハァハァ」脚本、連載「12人のイナセな私たち」、体験型ワークショップをする専門家。月の半分は国外で執筆等している。

XJAPANはもう切り離せない

20年ぶりの国内ツアーの追っかけ日記から、ファンであることをカミングアウト。https://matome.naver.jp/odai/2146553443361953701 愛してやまないXへの、思いをここにおいていく。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。