見出し画像

【ヘルスケア】体重&生理周期はスマホで管理!利用アプリ調査

様々なウェアラブルデバイスやフェムテック(*1)が登場する中で、現状の健康管理方法に関してミレニアル世代の女性に意識調査を実施!

今回は10〜20代の女性を対象に「体重と生理周期の管理方法」に関して調査を行いました!

(*1 )Female(女性)のTechnology(技術)という意味。女性の健康改善を目的としてテクノロジーを組み合わせたサービスや取り組みを指す。

体重の管理を行なっているのは2人に1人。

まず、ミレニアル世代女性625名(10代308名、20代317名)を対象に「体重管理をしていますか?」と聞きました。

「(体重管理を)している」と回答したのは10代女性で49.0%、20代女性で52.1%となりました。

そこで、体重管理をしていると回答した人に管理方法を聞きました。

最も多かったのは「スマホ(アプリ)」で10代女性の45.0%、20代女性の51.5%となり、約3割の女性は自動記録される体重計を利用しているようです。

「その他」と回答した人からは

毎日計測し、前日と比較するのみ(29歳女性)
軽くメモをとる(23歳女性)
大体を覚える(19歳女性)

綿密には記録をしていないものの計測をする習慣はある様子が伺えました。

体重管理、第1位は「デフォルトアプリ」

続いて、体重管理をアプリでしていると回答した人に利用アプリを聞きました。

両年代で第1位は「デフォルトアプリ」、次いで「Finc(フィンク)」となりました。第3位はどちらもキャラクターが登場する体重管理アプリとなりました。

生理周期の記録・管理は6割以上が「している」と回答。

続いて、ミレニアル世代女性の508名(10代248名、20代260名)を対象に「生理周期の記録・管理をしていますか?」と聞きました。

「(生理周期の記録・管理を)している」と回答したのは、10代女性の63.3%、20代女性の68.1%となりました。

そこで、記録・管理方法を尋ねたところ

10代女性の77.7%、20代女性の85.2%が「スマホ(アプリ)」と回答しました。

生理管理・記録アプリは「ルナルナ」

「スマホアプリで生理周期を記録・管理している」と回答した人を対象に利用アプリを聞きました。

10代、20代女性ともに第1位は「ルナルナ」となりました。また利用率は10代、20代女性ともに6割を超えてダントツの1位となりました。

他にも10代では「セレネ」「ソフィ」「Flo(フロー)」、20代では「女子カレ」「Clue(クルー)」などが挙がりました。

カラダに関する悩みは「家族」に相談したい。

最後に、カラダの悩みがあるかをミレニアル世代女性537名(10代249名、20代288名)に聞きました。

「悩みがある」と回答したのは全体で65.7%となりました。

そこで、どんな悩みがあるかを尋ねたところ

〈10代女性〉
1位 体重や食生活について    43.4%
2位 体調管理や運動方法について 34.3%
3位 身体の変化について     28.0%
4位 女性特有の病気について   26.3%
5位 性知識について       8.6%
〈20代女性〉
1位 体調管理や運動方法について 38.8%
2位 体重や食生活について    37.6%
3位 身体の変化について     36.0%
4位 女性特有の病気について   32.6%
5位 性知識について        13.5%

10代では「体重や食生活について」が最も多く、20代では「体調管理や運動方法について」が最も多い結果となりました。

そこで、カラダの悩みがあった時に相談する方法として利用したいと思うものを聞きました。

こちらは10代、20代女性ともに順位は変わらず

〈10代、20代女性〉
1位 家族
2位 友人・知人
3位 専門の病院(直接の診察)
4位 匿名の掲示板や質問板
5位 専門医へのチャット相談

身近な人に相談したいと考えている若年層女性が多いことがわかりました。「その他」と回答した人からは

保健室の先生(17歳女性)
1人で考える(20歳女性)
ネットで調べる(17歳女性)
SNSで検索する(29歳女性)

ネット検索や、先生に聞くという回答が挙がりました。また相談はしないという回答も散見されました。

あとがき

以上、「体重・生理周期管理」に関する調査を行いました。

本テーマはSNSで #フェムテック というハッシュタグが作られていたことがきっかけとなりました。

生き方やスタイルの多様性が広まるなか、生物学的観点からみて女性性とどう向き合っていくのかということを考え、よりよくする関連製品やサービスが登場しています。

上に挙げたメディアではフェムテックの最新情報の他にも現状の課題やその解決に向けた取り組みを紹介しています。

ぜひ、あわせてご覧ください。

*センシティブな内容「身体/悩み」に関するアンケートでは無回答(回答したくない)という選択肢を設けています。

Writer  :小林(・L・)
Designer:Maly.y
--- 調査概要 ---
期間 :2019年6月20日
対象 :女性/10代、20代/625名
運営 :株式会社テスティー
姉妹サイト:若年層調査メディア「TesTee Lab!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!調査してほしいことがあったらコメントまで:D
27

それちょう

ちょっとした疑問や話題の〇〇など「それ、わたし調査します。」 Twitterも絶賛更新中!🐥♡ ご意見やリクエスト、 記事データの利用/転載はTwitter,bosyuにてお気軽にご連絡ください! 運営:株式会社テスティー

コメント2件

スーパーなどの駐車場や家の駐車場で前進で駐車するか?バックで駐車するか?
アンケートとって欲しい。買い物した荷物を後ろから入れるのに便利だからと
米国は前進派多いと聞いた。
でも事故はバックで起き易い。
自分の子供や孫を自宅の駐車場でバックで出ようとして轢き殺した事故は
聞くだけでも辛い。是非もっと自動車学校やテレビでバック駐車推奨して欲しい。
前記事も含め、コメントいただきありがとうございます!

確かに地域やスペース、表記があるかなどで差がありそうですね。
参考にさせていただき調査した際はぜひお知らせさせていただきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。