見出し画像

コンサルの蹴落とし合いはナチュラルに

角刈り氏の降格ーー。上司をなくしたヒルズ氏たちのチームだったが、社長からは助っ人として副社長が入ることを告げられる。(前回


マネージャーに昇進かと一瞬でも思った自分を恥じよう。さぁ、遅くなったが夕飯だ! 帰国後の晩餐に私が選んだのは、、、あの和食!

◆角刈りなき宴

「私、トマトクリームうどん」

「僕はつるとん三昧、あとビールも」

ここは眠らない街、六本木。我々は早朝までうどんが楽しめる「つるとんてん」に来ている。メンツはいつかの深夜すき焼きと同じく、お嬢氏、新人Boy氏、ギャル氏、そして私ことヒルズ氏だ。疲れはピークだったが、角刈り氏降格の衝撃が大きすぎた。渡米中の様子が聞きたかったこともあり、うどん会に繰り出すこととなった。

店内は仄暗く眠気を誘う。
うどんをすすりながら、他愛もない話をする。


「最近さ、浮気疑われてるんだよね」

げほっ!

前言撤回。
全くもって他愛もない話ではなかった。

ギャル氏、生産性の低い角刈りマネージャーと行動を共にしていたせいで、連日の深夜帰りに休日出勤。夫から疑惑の視線を向けられているらしい。

「おかげで休日出勤もスーツ(*)でさぁ」

上司が変わったらそんな生活ともおさらばかな。 肘をつきビールを飲むギャル氏。愚痴のわりにハッピーオーラが漂うのは、それだけ上司対応が大変だったということだろう。

「とはいえ、角刈りマネージャーとの出会いだって一期一会じゃん?今後もいい関係でいたいよね」

茶髪をかきあげギャル氏が呟く。千葉県出身、T京大学卒業、趣味は地元仲間とサーフィン、好きな言葉は絆ーー。さすが、社内きっての高学歴マイルドヤンキーだけある、熱いな、など思っていた時だ。


「僕のせいかもしれません」


新人Boy氏が口を開いた。


◆新人Boy氏は見た

僕の、、、せい、、、?

突然の告白に全員が箸を止める。「僕のせい」とは、、、角刈り氏降格を指しているのか? いや、、まさか、、、

「まさか角刈りマネージャーがあんなことに、、、」

ばちゃっ!

ギャル氏の箸からうどんが滑り落ち、トマトクリームソースが盛大にスーツに跳ねる。慌てるギャル氏の横で、お嬢氏が命令をくだした。

「説明しなさい、新人Boy氏」


気まずそうに話しだす新人Boy。

「実は最近、、、毎夜遅くまで残ってて、、、」

ほら、、、僕の席って角刈りマネージャーの斜め後ろじゃないですか?だから振り返るとよく見えるんですよね、画面が、、、


「「「それで、、、?」」」

息がつまりそうな、つるとんてん店内。


それで、、、見ちゃったんです。

深夜になると、、、


水着×巨乳で、画像検索しているの」


、、、


お、、、おぅ!?


せ、せめてスマホで検索しろよ角刈り! いやポイントはそこじゃないか。

「でもさぁ、実害はないんだろ?」

ほっとけよそんなくだらない奴。ギャル氏がさりげなく上司を痛烈批判。さすが千葉のマイルドヤンキーだ。

「待ってください!想像してくださいよ!!深夜の追い詰められた状況でふと後ろを振り返る、そこには全く仕事が進んでいない上司、前には画面に広がる水着の女の子ぉぉぉー!!!僕の年収の3倍はもらってるのに!

このストレスに!!!
男も女もないんです!!!

うむ、確かに、、、

そもそも、深夜で人が少ないとはいえ職場環境としてよろしくはない。職務怠慢、セクハラ、、、マネージャーとして許される行為ではない。

お嬢氏の反応をうかがう。

「気持ち悪いですねー最低」などと言いながら笑いをかみ殺し、海老クリームうどんを口に運んでいる。今、彼女の中で角刈り氏は社長と同じカテゴリーに分類されたのだろう。分類名はおそらく「クズゴミ」だ。


「それでね、僕、言っちゃったんですよ」


総務の佳乃さんにーー。


◆お嬢氏の補習

「「「 げほぉっっっ! 」」」


全員がうどんのスープを鼻に詰まらせる。

な、なんてことを言い出すんだ!?

佳乃氏と社長ーー。
佳乃2号により引き裂かれたかのように見えた関係だが、その後も親密さを感じる瞬間がある。

例えばだ、年末のスティーブ・ジョブズのプレゼンのパクリプレゼンの際、うっとりした顔で社長を見つめる佳乃氏が目撃されている。彼女に話せば社長の耳にも入る可能性いと高し。

「なんでまた、、、」

気まずそうな新人Boy氏。

「いやぁ、佳乃さんっていい人なんですよ、夜残っているといつも最近どう?って声かけてくれて、それでつい、、」

ギャル氏、お嬢氏、私ことヒルズ氏、顔を見合わせ心を通わせる。

わかるだろ?

うん、わかるよ。

えぇ、わかります。


佳乃氏、社長のスパイで確定ーー。

今すべきは、新人Boy氏の内偵要員化を阻止すること。


「もう少し教育が必要だったわね」

静かにほほ笑むお嬢氏の眼が、冷たく光った。


◆宴の後

「はーい撮るよー!あ、お嬢氏さんとだけね!」

夫対策にセルフィーを撮るギャル氏。隣で頬に手を添え、通称 ”歯が痛いポーズ” をキメるお嬢氏。

「ぼ、僕らも撮ります!?」

お嬢氏のスパルタ補習をうけ頭がいかれた新人Boy氏。セルフィー要請を無視し、淡々と支払いを済ます私ーー。

うどん会は閉幕となった。

---

誰もいない部屋の明かりを灯す。

「やっと一区切りか」

スーツを脱ぎ捨て、ソファに倒れこむ。

白を基調に濃いブラウンの家具でまとめたこの部屋。窓から見える緑も気に入っているのだが、何せ滞在時間が少ない。某飲料メーカーのコンペ資料修正、あれから一週間もたっていないのだ。もはや一か月ほど過ぎたような疲労感がどっと襲い掛かってくる。

社長のあの自信、、、営業はうまくいくんだろう。角刈り氏の降格も驚きはしたが妥当だ。新人Boy氏のリークがなくとも結果は同じだっただろう。

残るは、副社長参画の謎。

「何者なんだよ、、、」

入社した頃に挨拶したっけな?

ぼんやり光る間接照明を見つめる。

なんか、、黒い服着てたな、、、そうそう、いつも黒い、、、そうだ黒いTシャツだ、、、、あれ?、違うか、ちがうちがーーーう、それはぁ、スティーブ、、、、スティーブ・ジョ、、、スティーブ、、、スティー、、、スー、、、スー、、、スー、、、スー、、、、、


こうして、ヒルズ氏の長い長い営業活動が一区切りを迎えたのであった。


- 仁義なき営業編 完 -

次へ

(*) プロジェクト毎に忙しさが激変するコンサル、「何で急に忙しくなるの?」「まさか、、、」そんな疑惑を持たれることは多い。身の潔白を証明するため、休日すらスーツで出勤するコンサルたち。何ならビルに入るところまで配偶者がついてくるなんてことも。

Twitter: @soremajide

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは全て執筆中のコーヒーとおやつ代にあてられます。少しでも気に入ってくださった方、執筆者に続編に向けたエネルギーを与えてやってください。

君のスキに感謝する。また来ていただければ幸いだ。
19

戦略コンサルタント@ヒルズ勤務

コンサルタントに憧れるお前、コンサルタントに騙されたお前、コンサルタントに疲れたお前、コンサルタントが何かわからない情弱なお前、とにかく読んでいけ。 最新の情報はツイッターをフォローしてくれ。 Twitter: https://twitter.com/soremajide

コンサル会社に転職したらブラックだった日記

大手優良日本企業から自分の居場所を求め、中規模コンサル会社に転職したヒルズ氏。狂人奇人だらけの新天地で生き延びることはできるのか?

コメント2件

最高です。一気に読みました。
すぐにでもtwitterでRTしたい内容ですが、
ご本人より先にそれをするのは礼儀に反するかなと我慢しております。U
ありがとうございます!
Twitter でも流したので、お手すきの際にでもrtしていただけると幸いです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。