見出し画像

コンサルたるもの、常に予想を上回れ

社長、お嬢氏とともにカリフォルニアに向かうヒルズ氏。投資会社との打ち合わせに向け、機内でも休む間はない。(前回


映画の一本も見ず、たまった仕事を片付け仮眠をとり、あっという間に目的地についてしまった。サンフランシスコ現地朝着ーー。誰だ、こんな便を飛ばした奴は?


◆いつでもブリーフィング

あぁ、ここから一日が始まってしまうなど。。。

信じたくないのだが、とテンション低めに飛行機を降りたところで、社長が待っていた。

「「お疲れ様です」」

同じくテンション撃沈状態のお嬢とシンクロ挨拶を済ませる。


チャーターしてあった車に乗り、すぐ目的地へ向かう。

車内で一息つけるかって?

まさか。

異常に時間を惜しむコンサルたるもの、社長と同乗する時間は全て仕事の打ち合わせ、つまりブリーフィング時間(*)だ。

「先日の飲料メーカーコンペの件ですが」

思い出すのもおぞましき朝まで資料修正&豚骨ラーメン事案すら、私の手にかかればスマートな報告に早変わり。これぞ罪深きコンサルマジックよ。

「私からは某部品メーカーの件ですが」

お嬢氏もご機嫌斜めながら、最近手掛けているプロジェクトを報告。

適当な返しを挟みつつ、ご満悦な社長。


◆いつでもオーパス・ワン

ブリーフィングがひと段落した。

社長が流れる景色に目をやり、話題をふる。


「ナパバレーって知っているかい?」


えぇ、存じ上げております。カリフォルニアワインの産地ですね。


「私はいつもオーパス・ワンを指定していてね」

あのワイナリーでは年代別に2つのオーパス・ワンが試飲できてね、あ、そうそう、〇〇不動産の社長と来たときかなぁあれは。


「「そうなんですねぇー」」

極めて興味のない話題だが、務めてニュートラルに相槌をうつ。

しかしそういうことか。どこのレストランで接待をしようと、社長がオーパス・ワンを頼んでいたのは。バカの一つ覚えなのか?と思っていたが、本当にバカの一つ覚えだったとは。


あ、そうそう、ロバート・モンダヴィも外せないよな、知ってるかい? あと少しマニアックだがスタッグス・リープもなかなか雰囲気があっていいワイナリーでね。


やめてくれ。
スタッグス・リープは私もお気に入りなんだ。
しかも先日のカリフォルニア火災で焼け落ちたんだぞ。どれだけ悲しんだことか!この似非ワイン好きがぁぁぁぁ!軽々しくぅぁぁぁ! !!

疲れのせいか、怒りがふつふつと湧き上がる。

必死で平穏を保とうとする私の横で、お嬢が動いた。


◆一撃必殺

「カリフォルニアワインは素晴らしいですよね」

ゆったりと上体をシートに預け、微笑むお嬢氏。


私も彼女と付き合いが長くなってきた。

これは来る、何かが来るぞ。


「ほぅ、君はワインが好きなのかい?」

恐れを知らぬ社長が言葉を投げかける。

好きじゃないはずないだろう、何せ通称が「お嬢氏」だぞ。彼女がどれだけワインに詳しいと思っているんだ。

呆れかえっていた時だ。


「私、ナパバレーに個人ワイナリーを持っていまして」


ゲッホォっ!


な、何!?

なんだ今の一撃は!? 

はるかに予想を上回ったぞ? ナパバレーに個人ワイナリー? 衝撃で何も飲んでいないのにむせ返ったではないか。。。


「あ、、そうなんだ」

「それは、凄いね」

急に口数が少なくなる社長。


お嬢氏のお嬢っぷりを知らなかったのだろうか?

この残酷な世の中、上には上がいる。 成金オーナー社長には届かない世界があるのだよ。などと何故か私まで勝ち誇った気分になったところで、車が駐車場に吸い込まれる。


目的地の某投資会社に到着した。

続く

(*)短い時間での打ち合わせ、特に状況報告を行うことをコンサル会社では「ブリーフィング」と呼ぶ。報告と呼べば、打ち合わせと呼べば、、、というつっこみは無しだ。なにせ全ては雰囲気だからな。

Twitter: @soremajide

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートは全て執筆中のコーヒーとおやつ代にあてられます。少しでも気に入ってくださった方、執筆者に続編に向けたエネルギーを与えてやってください。

君のスキに感謝する。また来ていただければ幸いだ。
16

戦略コンサルタント@ヒルズ勤務

コンサルタントに憧れるお前、コンサルタントに騙されたお前、コンサルタントに疲れたお前、コンサルタントが何かわからない情弱なお前、とにかく読んでいけ。 最新の情報はツイッターをフォローしてくれ。 Twitter: https://twitter.com/soremajide

コンサル会社に転職したらブラックだった日記

大手優良日本企業から自分の居場所を求め、中規模コンサル会社に転職したヒルズ氏。狂人奇人だらけの新天地で生き延びることはできるのか?

コメント2件

お嬢よ、たまには使えるやんけw
金と教養マウントに対してお嬢ほど使える人材はいない、確信
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。