恥ずかしいって思えたのでちょっと嬉しかった話。

呑みの場でちょっと熱くなってしまうことがある。

「noteとかで書けばいーじゃん、今の話。」なんて言われながら2年以上が過ぎた。

noteで仕事のこと書こうかなとか、何故か思い立って動けたから今文字を書いているわけだけど、アカウントを見ると過去の記事が4つあった。もはや日記みたいなもん。ほんとに書きなぐり。

まぁその文章を読んで、色々若いしなんか言っててすごく恥ずかしいなと思って(笑)
消して一新して新たな気持ちで始めようかなと思ったんだけど、また1年後とかに読んだらめちゃくちゃ恥ずかしいって思えるぐらい、これからの1年も知識や経験を沢山得て、「すげー恥ずかしい。」って思えたらいいな〜とかふと思ってしまって。ほんとに恥ずかしすぎるけど文章取っておこうと思いました。

言ってることがしょぼかったり、言ってることを達成できてなかったり。
軸はブレず向かいたい方向に向かってはいるものの、そういうのも含めて全部恥ずかしくて、そして面白いなと。Mなんですかね。タイムカプセルみたいなもんですね。

またたまに書こう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

そーすけ

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。