はじめに

こんにちは。

SOUKI はくつ下の産地である奈良県の広陵町で
1927年に創業しました。

「品質がいいのはあたりまえ、日々の生活のなかで本当に良いと感じてもらえるくつ下を追求したい」というものづくりに対する想いを創業当時より貫いてきました。

けっして大きな工場ではありませんが、90年近くにわたり受けつがれてきた技術とより良いくつ下をつくるための試行錯誤から成る進化を大切に、素材選びから最後の仕上げまでその素材に適した製法でひとつひとつ丁寧につくりあげています。

SOUKIのオリジナルブランド

ファクトリーブランドの「SOUKI SOCKS」

ちょっぴりエコな毎日はきたいくつ下「Re Loop」

吉野本葛の和紙の糸と藍で作ったブランド「aiamu」


SOUKIの靴下の特徴

SOUKIの靴下のいちばんの特徴は「ローゲージ」であることです。
靴下は編み物で、糸を編んで作られるのですが、編針と糸の太さで編み目の細かさが決まります。

ローゲージとは簡単に言うとざっくりと太い糸で編んだセーターのような編地イメージです。(逆にハイゲージというとタイツやストッキングのような編み目の細かい編み物です)

国産では少なくなったWシリンダー機で柄の手編みのセーターのような柄のくつ下を作ることができます。

夏は綿のくつ下。ふっくらとした編み目は通気性がよく、蒸れにくい。

冬はウールのくつ下。厚みがあって適度に保湿してくれるので暖かいです。

適度に厚みがあり、クッション性バツグンではき心地もグッド。

これからもよろしくお願いします

SOUKIのくつ下についてもっと知ってもらえるように、ちょっとしたこだわりや歴史のある工場について書いていきます。
どうぞよろしくお願いします。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

SOUKIという靴下工場

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。