【Event Snap】小西康陽トークイベント

画像1 元ピチカート・ファイヴ、DJ/作曲家/文筆家の小西康陽さん三冊目のヴァラエティブック「わたくしのビートルズ」発売を記念して、奥渋谷のSPBSで開催された小西さんのトークイベント楽しんできましたー! #event #イベント #雑誌 #マガジン #Magazine #極私的な雑誌 #小西康陽 #わたくしのビートルズ #SPBS #川勝徳重
画像2 作家やコラムニストの方がいろんな媒体に書いた記事を、ヴァラエティ豊かにギュッと集めたヴァラエティブック、植草甚一さんの「ぼくは散歩と雑学が好き」その他の著作や、小林信彦さんの「東京のロビンソンクルーソー」あたりが有名でしょうか。小西康陽さんも過去に「これは恋ではない」「ぼくは散歩と雑学が好きだった」という素晴らしいヴァラエティブックを二冊出されており、どちらも自分の愛読書ですが、この度10年ぶりに三冊目が出るということでファンとしては大喜びです!
画像3 今回のトークイベント、小西さんとは名画座友達にして、小西さんのアナログのジャケットイラストなども担当されている漫画家の川勝徳重さんとの対談形式でした。川勝さん、27歳の若さだというのに古い映画や小説にめっぽう詳しくて、小西さんとの会話もディープに進むこと!映画や小説、漫画のことから造本や印刷、装丁についてなどなどマニアックなトークが次から次へと繰り広げられました〜(^ ^)
画像4 今回のイベント、50名限定だったのですが、受付開始早々に満員御礼となったそうで。申し込みギリギリ間に合って良かった〜!会場で周りを見渡したら、映画や出版ほか業界の方が非常に多くて、小西さんってつくづく業界にファンが多いんだな〜と。 実はこの日、自分すごく残念だったことが一つありまして。本にサインしてくださるときに小西さんが、自分の本名(少し珍しい)と同じ名前の登場人物が出てくる映画の話を振ってくださったんですけど、自分その映画を知らなくて。。。(>_<)
画像5 小西さんや川勝さんのようにとは当然いきませんけれど、もっともっと浴びるように映画を観たり本や漫画を読んで、ああいう会話の中にちょっとでも入れるようなカルチャーの教養を身に付けたいと心の底から思いました。。。 あ、川勝さんにも著書にサインいただきました!前に並んでる方々のサインを覗き込んでいたら、つどつど違うイラストを描かれていたのですが、自分の番が来たら、何も言っていないのに自分が大好きな福助さんを描いてくださって、なんかすごく嬉しかったです〜(^ ^)
画像6 今回のヴァラエティブックに何故か唐突に西村ツチカさんの漫画が挟み込まれているんですけれど、川勝さんが西村さんを小西さんに紹介したら、小西さんも西村さんのことが気になっていたそうで。そうやって好きなものや人って、引き寄せ合って繋がっていくんですね。自分、西村さんの漫画を読んでいなかったので、これを機に読み始めてみまーす!(^ ^)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

43

北千住 艸

都内で働く40代のゲイリーマン。東京のゲイライフ周辺を文章やイラストで落書きしてます。歌舞伎や落語、浮世絵など江戸のエンターテインメント好き。あと、ブタちゃん大好き! https://twitter.com/sou_kitasenjyu

極私的な雑誌

「雑誌」というフォーマットが好きで好きで大好きで、溢れ出る雑誌愛から、雑誌の真似事をnoteでやってみようかと。 「Magazine for Tokyo Middle-aged Gay」 東京近郊で暮らすおっさんリーマン ゲイ(つまり自分)の関心とゴキゲンを集めた、雑誌の真...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。