ストックオーディオで生活費が稼げたら幸せなのになぁと思う究極的な話

どうも!soundorbisです。

作・編曲家、YouTuber、動画師、クリエイターなど、好きなことで生きたいから!毎日、血眼で創作に挑んでいるわけですよね?

soundorbisの場合は、ちょっと違います。

soundorbisが配信しているコンテンツ(ブログやフリーBGM)を利用することで、クリエイター様の活動が少しでも楽になるように、そしてコンテンツを利用してくださった方々を応援したいから!

私は、活動を続けているんです。

というのも...

soundorbisになる前は、欠陥パンダというグループで活動していました。病める時も健やかなる時も、苦手なところは補完し合いながらやってこれたわけです。

でも気がつくんです。一人きりの力では、限界がある。

たくさんの人の耳に、一人で音楽を届けることは、不可能だ。


自分は

天才ではなかった。

秀才でもなかった。


だから、自分のために活動するのではなくて、誰かのために活動しよう。そうすれば、一人だけれど一人じゃない。それは、すでに


地球規模のコラボ企画だ!


今回は、音楽活動をあきらめてしまった人たちに、新しい可能性を提示するお話です。

巻末のオマケに、DOVA-SYNDRME・オーディオストック・ニコニ・コモンズ3つについて、月間で最大稼いだ額を有料にて公開しています。興味のある方は、どうぞ〜!


音楽だけで食べていく

ミュージシャン志望者は、誰もが一度は願いますよね。

中学生でギターに目覚めて、バンドで生きていく!みたいなね。

昔話ですが...当時ビジュアルバンド全盛期でした。私の周りにいた音楽野郎たちも、メジャーを目指して活動。知り合いにもメジャーデビューを果たし、上京した方もおりましたが...

今はどうなっているのか?

連絡もつかず、音楽を続けているのかさえも不明です。

そんな姿を見ながら、弱虫で奥手なsoundorbisは、将来の夢を安定したサラリーマンへと変更し、音楽はほそぼそとやるのが一番!

と決めつけて、今まで自分を騙してきてしまいました。

きっとそんな自分と同じ方々、いっぱいいるんじゃないでしょうかね?

そして、毎日「仕事つらい」「こんなはずじゃなかった」「仕事辞めたい」とつぶやきながら、社畜になっていくんです。

でも、あきらめないでください。いい方法があります。


ボカロPとして躍起になっていた時代

2010年に、実のところ少し天狗になっていました。

soundorbisの前に欠陥パンダというDTMユニットで、グループ活動をしていました。チャリティーCD作ったり、子ども向けの曲作ったりしてたんです。

ユニットが解散してから、これからボーカロイドで自分がイイ!と思った曲を作って、有名になってやるんだ!売れるゾォ〜!といき込んでいた。

お恥ずかしい話です汗。目指せ!10万回再生!と掲げて活動しておりました。ですが、ダメだったんです。志半ば夢破れました。

ボカロP時代の活動

自分一人では、音楽業界の地図を塗り替えるだけの実力も、行動力もカリスマ性も持っていないことに、気がついてしまったんです。

とび抜けた才能が自分にはないと気づいたとき、肩の力が抜けたんです。

自分が有名になる必要なんてないかも?

ボーカロイドで、ランキング入りばかり気にしていることが、自分のやりたかったことなんだっけ?

本質を勘違いしてた。

私の願いは、「私の音楽を、たくさんの人に聞いてもらうこと」

修行のために、今まで作りたかった音楽をとことん100曲作って公開してみたんです。そうしたら、その音楽使わせてください!ありがとうございます。動画制作がはかどりました!って連絡が来るようになりました。

自分の好きなことやって、お礼を言われるなんて、今までにない経験で心がこそばゆくなって、自分にとっては物凄い衝撃であったことを、今でも覚えています。

そんな簡単なことだったんです。それに、気がつきけたんです。

だから、ボカロPとして有名になるぞ!って躍起になっていた狭い価値観の自分から、解放されることができたんです。


大人になるにつれて音楽を捨てる傾向になる?

人生のライフステージが進むにつれて、人は多くの荷物を背負い、大切だと思っていたものを捨てなければならない瞬間が訪れます。

就職、結婚、昇進など...

例えば多くのバンドマンたちは、生活費を稼ぐことができず、夢半ば辞めていきます。

バンドは一人ではできないから。

集客だって片手間にできるものでもない。

お金もかかる。

周りの尖ってた奴らも丸くなり、仕事に責任という名の負担がかかり音楽どころではなくなってしまう...

そんなよくある話です。

いい加減、学ばないといけませんよね。

ボカロPの場合は、よっぽどでない限り一般人や家族からのウケは良くないでしょうから、ひっそり楽しむ趣味として誇れない…サブカルならではの悩みを抱えることになるでしょう。

娘「えっ...お父さん、今の電子的な少女の声、何?ウワッ...キモ。」

父「... ...ブワッ(´;ω;`)」


もしかしたら、今の私は恵まれている?

ありがたいことに、大人になってもsoundorbisは

まだ、音楽を続けられています。

実は、ボカロPから完全にBGM素材屋さんに転身しました。

それこそが、今回のnote記事で伝えたかったことなんです。

大人になっても、音楽を続けられているこの現状

もしかしたらすごく幸せなことなんじゃないかな?

って、最近は思うようになりました。

この記事を読んでいるミュージシャンの方々は、いかがですか?

もしかしたら、私のライフステージが進んだとき...音楽を捨てなければならないかもしれません。しかし、私はここで強く願ったんです。

そ〜んな・の・は…

「I!YA!DA!」

だって、おかしいじゃないですか!!!

誰に迷惑をかけているわけでもないし、ストレス社会から逃れ自分らしさを表現する方法として、ボカロPになったり、バンド続けたり、歌い手やってたりしてるんですよ!私たちは!

そうでしょう!

だから、私は一つの可能性を提唱致します。


音楽を諦めない唯一の方法

邪魔してくる奴らを説得する方法を、考えました。


「そうだ!趣味でお金を稼げたら、文句言わないでしょ!」


至極まっとうな結論に至りました。

出会い系サイトの話で、プロフィールに年収を倍にして書いたら、コンタクト件数が増えた!という話はよく聞く話です。何事もお金が発生するということは、それだけで説得するだけの力に値するんですよ。

お金=信頼ですから

私はボカロPの活動を、一旦休止しました。

それは、長くボカロPとして活動を続けるためであり、一生音楽を止めないための戦略であります。それが、

還元型音楽クリエイター「soundorbis」なんです。

「還元型音楽クリエイター」という、ひとつの可能性

そのために、活用するのが「ストックオーディオ」

音楽を作って、公開するだけで究極な話、生活費を稼ぎたい。

そんな馬鹿な話があるか!?

権威者方から、お叱りを受けそうな発言ですね汗。

soundorbisは、新規の音源受注を一時停止しました。コンペに参加するのも止めました。常時受け付けているのは、公開している音源の再編集(楽器数増やし、クオリティアップ、再生時間変更、ループ対応)のみです。

新規音源を受け付けない!

その、代わりに!

soundorbisのフリーBGMを使ってもらった動画や、イベントを応援する時間に力を注いでおります。

究極的には、音楽を公開しているだけで、生活費を稼ぐことができれば、さらに音楽の数を増やして、製作者様に還元してくことができます。それに加えて、コンテンツを増やしていくことも。

作りたい音楽を私は作ることができ、製作者は私の各種コンテンツを利用するだけで、制作に必要なBGMなどの音楽や、クリエイティブな情報を得ることができる。

ノウハウが溜まってきたら、これから参入する初心者作曲家やDTMerの方に、どんどん公開していきたいと思っています。音楽クリエイターみんなが、作りたいものを作って暮らせる世界が来たら、それが一番ですからね。


ストックオーディオで生活費を稼げぎたい

還元型音楽クリエイターとして、音楽素材屋として必要なものがあります。それが...

「ストックオーディオ」

多くの作曲者が、フリーで使える音楽を公開していくサイトのことです。これを利用することで、私たち還元型音楽クリエイターは、生活費を稼ぎます。

ただ、日本ではあまり認知されておらず、まだまだこれからといった印象です。国内で有力なストックオーディオサイトといえば...

・DOVA-SYNDROME
・オーディオストック
・ニコニ・コモンズ

このあたりでしょうか。私が利用しているのは、この3つです。ここからは収益に関するデータの話になってしまいますので、有料で公開させていただきます。

この3点で、どのぐらい収益を発生させることができるのか、お伝えいたします。1万とか、2万では生活費とは呼べないので、もっと稼げるんだって話です。


無料で読める部分の最後に

そんなわけで、長くなってしまいましたが...いかがだったでしょうか?これからボカロPや、ゲーム音楽のクリエイターを目指し、茨の道に進む決心をした方もいるでしょう。

もしも、その険しいクリエイターへの道に疑問を感じたら、思い出してください。道は1本だけじゃないってことを!

人が想像することは、必ず実現できる。

妄想に終わらないように私も、日々努力していきたいと思います!

ストックオーディオで生活費を稼ぐことができれば、本当に作りたい音楽を作り続けられる可能性が、むちゃくちゃ上がります。

やってやるぞ!それでは、soundorbisでした!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

音楽アーティストの「稼ぐ力」を本気で考える

音楽アーティストの「稼ぐ力」を本気で考えます!!ブログでは書けない、これからsoundorbisとして仕掛けていこうとしているネタを練ったり、成果のあったことを報告するマガジンです。いわゆる裏話マガジンです!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。