なぜ日本の若者は「欲ない、夢ない、やる気ない」の「3Y」なのか。

こんな記事が話題になりました。

「欲ない、夢ない、やる気ない」……現代日本の最大の危機はこの「3Y」にある 作家・堺屋太一

まずは若者の間に広がる物欲の低下だ。20世紀のうちは家族も独身者も「豊かなモノ」に憧れ、衣料を買い込み電気製品をそろえ自動車を買った。中年世帯は分譲住宅を探して展示場を回った。

 だが最近は、あえて高級衣料や電気製品をそろえず、必要に応じてレンタルする人々も多い。自動車にしてからが「要るときにレンタルすればよい」という向きも増えている。

 1980年代以降に生まれた「ミレニアム(世紀末)世代」は、モノを持つことにステータスを感じないらしい。

 《激減した海外への留学生》

 第2に、最近の若者には「未来への夢」が乏しい。90年のバブル景気の頃までは、年々経済は成長し、収入は増加した。誰もが「明日は今日よりも豊かだ」と信じて夢を描くことができた。

こういう発言こそが、若者たちの欲と夢とやる気を奪っているのだということに、なぜオジサンたちは気付けないのだろう?

オトナたち、オッサンたちが「欲ない、夢ない、やる気ない」だから、それに影響されて若者たちも「3Y」なんですよ。

例えば、日本人のエンゲージメント指数(組織貢献意欲・会社への愛着度)は世界ダントツでワースト1位。そんなオトナたちを見て若者たちが「欲あり、夢あり、やる気あり」になるわけないじゃないですか。全くもう。

参考図書

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?
ロッシェル・カップ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ぼくもスキです!Twitterでツイートしてくれたらリツイートします!
8

U-29世代のキャリア論

U-29世代による、U-29世代の、U-29世代のためのキャリア論をお届けします。

コメント2件

西村さんのおっしゃる通りだと思います!

ただ豊かさの定義も変化してきていると思います。

バブル世代の「物の豊かさ」から「経験や体験」にシフトしていると思います。

WANTEDLY『こころおどる』のような採用媒体が流行るのもそういった一面があるんだと思います!
コメントありがとうございます!豊かさの変化、間違いないですね。カネよりモノ、モノよりコト。コトよりつながり。この辺りを踏まえずに若者論を語るのを見ると浅いなーと思います。たとえ堺屋太一さんほどの論客でも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。