ぼくが「男性育休の義務化」に200%賛成なワケ。義務から機会へ。

昨晩、こんなニュースが駆け巡りました。

リクルート系、男性社員の育休を義務化
正社員・契約社員ら500人対象(日本経済新聞)

 リクルートコミュニケーションズ(リクルートホールディングス子会社)は7日、男性の育児休暇を義務化する制度を4月から導入したと発表した。育児休暇制度はこれまでもあったが、利用が進んでおらず、義務化することで本人だけでなく社内全体で男性の育児参加への理解を促す。

 対象となるのは正社員、専門社員、契約社員で約500人。男性の育児休暇はこれまでは任意で2日となっていた。この制度を最大で20日に増やし、うち5日は義務化する。これまでは休暇を取得しないか、有給休暇で取得する従業員が多かったという。政府は2020年に配偶者の出産直後の男性の休暇取得率を80%に高める目標を掲げている。

グループ企業ながらあっぱれです。本当に素晴らしい取り組み。義務化とはいえ、リクルートなら単なる「やらされ」にとどまらず、育休を「機会」と捉えて主体的に育児に取り組む人が増えそうな予感。

同時に先を越されて悔しくもある。リクルートキャリアも追いつけ追い越せ、ですな。

さて、以下によくある質問にをまとめてみました。いわゆるFAQです。完全に私見ですが、参考までに。

▼義務化は本当に必要なのか?

必要です。日本は「子どもの出産を契機に妻の愛情曲線が下がる唯一の国」です。いわゆる「産後クライシス」ですね。成田離婚ならぬ、産後離婚かいま、すごく増えているといいます。

その理由の大半は夫の育児放棄です。

「手伝う」ではなく、家庭の共同経営者として、夫が育児にコミットすることを促進するのは、その家庭にとって良いだけでなく、夫婦円満な家庭を増やすという観点でソーシャルグッドなのです。

また、「家庭内ワークシェアリング」が進めば、ママがキャリアを諦めずにすみます。いままでは、夫が家事育児を全くやらないがために、「私が家事育児を全部やらないと家庭が回らない。」という理由で、家庭とキャリアを天秤にかけて、キャリアを諦めざるをえない、という女性がたくさんいました。

これでは女性活躍なんて進むわけありませんよね。女性活躍を本気で推進するためにも、男性育休の取得推進はマストですし、そのために義務化は非常に有用なのです。

▼最低5日で意味あるの?

先行している日本生命さんの男性育休の義務化も一週間からでした。

男が変わった 日本生命、男性育休取得100%達成

ミニマム5日というラインが義務化の最適ラインかなと。もちろん、できれば1カ月、3カ月、半年とか取れるならば取った方が良いですが、それ以上となると「育休ほぼゼロ」の状態からのギャップが大きくなりすぎてしまうため、本人側・マネジメント側からの反発が大きくなってしまいます。

たった5日。されど5日です。

5日=約一週間子育てにどっぷり浸かってみることで、妻の大変さが身に染みて分かったり、子どもに対する愛着が芽生えたりするので、5日でも十分な効果がありますね。

男性育休の義務化。

「義務」というと、何だか窮屈に感じるかもしれませんが、それも捉え方次第ですよね。

From Obligation to Opportunity.

義務から、機会へ。

本来、子育てというのは自分の人生を楽しくしてくれる最高の機会です。「義務」がきっかけだったとしても、そこで子育ての面白さも辛さも体感して、妻と同じ感情を共有できたら、きっと幸せ度が増します。間違いなく。

だからこそ僕は「男性育休の義務化」には大賛成です。他のリクルートグループはもちろん、日本中にこの流れが広まるといいなぁ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたのスキのおかげで、今日も頑張れます!
51

nマガ-西村創一朗の人生を編むnoteマガジン-

nマガは、西村創一朗 @souta6954 の日常を徒然なるままに書き綴るノートです。
3つのマガジンに含まれています

コメント8件

>タカコヨシザワさん北欧の男性の育児参加率の高さはすごいですよね。元々はスウェーデンも決して男性の育児参加率、育休取得率が高かったわけではありませんが、今や男性の育児先進国になったのは、やはり義務化の影響は大きいですよね。勉強になります。
>Nathalie_Lさん仰る通り、少子化対策=夫婦に対する子育て支援に限定するのはあまりにも視野が狭いですよね。あるべきは、シングルでも十分に子育てができる社会インフラ。3歳児神話、母性神話の罪は深いですよね。子どもにとって必要なのは、適切なアタッチメント=愛情であり、母性そのものではないのに。
第二子が生まれた時に1ヶ月半くらい育休を取得しました。ご飯を作ったり洗濯したりと楽しかったですが、母乳で育てていたためそこまで子供と関わりが作れず。生まれたてじゃない時とかに気軽に取れるといいですよね、「卒乳させるため」「妻が仕事に復帰するので家庭は私が」とか少し時期ずれでも休みやすい世の中にしていきたいです。
昔の記事にコメントして恐縮ですが育休とっても日本男児は家事をしないよ。
休暇が増えても家や外で好きなことをする人のほうが多いとネット記事にもなってた。
ことここに及んでも未だに女に子供を産むことを喜びとさせられなかった男社会のせいでなく、女が男のいうことをきかないから悪いと思っているちんちんよしよし男が日本男の大半であることはツイッターと政治家と芸能人みてたらわかるから。
もう何をしても無駄。男が半分くらいいなくなってそのぶん女が増えれば、可能性あるけどね、少子化改善の。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。