やりたいことがないなら、できることを増やそう。天職にたどりつく複業活用術

「好きなことで生きていく」って、めちゃくちゃ憧れますよね。

このYouTubeのCMが放映されたことがきっかけになって、「YouTuber」という職業の認知が一気に広がり、「好きを仕事にする」という働き方への賞賛・羨望もまた、急激に増えたように思えます。

一方で「好きなことで生きていくなんて一握りの人間しかできない」と、多くの人はアタマを抱えています。

「そもそも、やりたいことが見つからない」

という相談を頂くことも非常に多いのですが、やりたいことを見つけるのは、実は決して難しいことではありません。

天職のマトリクス

この図において、縦軸の”好き”を”Will”、横軸の”得意"は”Can”と捉えてみてください。

天職というのは、このマトリクスの中で、好きと得意が重なる領域にはまる仕事のことです。

この領域にはまる、天職と呼べる仕事に出会うためにはどうしたらいいのか?

今日は天職にたどりつくために複業を利用する思考法についてお伝えしていきます。

チャンスを掴むために、「できる」自分になる。

もし、今すでにやりたいことが見つかっている人はやりたいことに向かって進んでいけばよいと思うのですが、やりたいことが見つからない場合はどうすればいいのか?

もしかして皆さん、「やりたいこと」を、「宝物」のように考えていませんか?

だとすると、それは勘違いです。

「やりたいこと」は、「宝物」ではなくRPGでいう「ラスボス」です。

つまり、めちゃくちゃ強いのです。

ドラクエでもFFでもポケモンでも何でも良いのですが、プレイ開始直後の「LV.5」の状態でラスボスに出会っても、瞬殺されてしまうだけですよね?


やりたいことに出会った時に、それができる自分でいた方がハッピーです。
それに対して、せっかくチャンスがきてもどうやったらいいかわからないのはアンハッピー。

いつかやりたいことに出会った時、できる自分でいるためにも、まずは倒せる敵から倒して着実に経験値を貯めてレベル上げをして、お金を貯めて強い武器や防具を身に着け、時には呪文を覚えちゃったりして、できることを増やしておくことをおすすめします。

仕事というのは面白いもので、できることが増えるにつれて視座が広がっていくものです。

不思議なことに、できることが増えると周りの人たちから
「そういえは、西村さんってこういったことってできますか?」
などと相談されるようになってきます。

できることが増えることによって、周囲が期待してくれるようになり、いろんな人が自分が知らなかった世界に勝手に連れて行ってくれるようになって、結果的にやりたいことに出会えてしまうのです。

いわゆる「錯覚資産」というものかもしれません。

「できる」を増やす2つのアプローチ

まずはできることを増やしていこう!と言っても、100人100通りの職業がある中で、どんな観点でできることを増やしていけばいいのでしょうか。ここでは、複業を利用した2つのアプローチについて紹介していきます。

1.市場価値が高そうなことをやってみる

まずは、比較的簡単な方法として、「市場価値の高いスキル」が身に付くことをやってみることがおすすめです。

ここで大切なのは学ぶだけではなくてちゃんとアウトプットしてみることです。やりながら鍛えていく方法がおすすめです。

例えば、市場価値の高いスキルのひとつはプログラミングです。スマートフォンアプリを作れるようになる、といった目標を設定してまずはプログラミングをやってみる。TECH::CAMPなどのプログラミングスクールに通ってスキルを鍛えて、Webサービスやアプリを作ってみる。AIプログラミングに特化したスクールAidemyなんかもオススメです。

この方法で重要なことは、複業で短期的にお金を稼ぐことにこだわらないことです。そうすれば、まだ自分にスキルや実績がなくても、いくらでも経験を積むチャンスは転がっています。

2.身につけることで本業でさらに成果が出せそうなことをやってみる

もうひとつのやり方として、本業では経験できないことでかつ学びを本業へも還元できることをスタートしてみるという発想もおすすめです。

僕が会社員時代に始めた複業はメディアを立ち上げてブログを書くことでした。

僕はブログで、担当する会社のビジネスや組織、開発しているプロダクトの魅力を伝えていました。

その結果、社内のキャリアアドバイザーから、僕の担当企業にマッチする人材を紹介してもらえたり。自然と社内のキャリアアドバイザー向けに広報することができ、結果的に営業成績が伸びた経験があります。

他にも、「面白いサービスをつくっている経営者に会いにいく」と決めて色んな方と会わせて頂いた結果、人とのつながりがかなり増えて、新規開拓に苦労することなく営業成績を伸ばしていくことができました。

例えば、勝手にアンバサダーというものをやっていて、アプリを使ってみた感想をブログで勝手に発信していました。すると、意外とアプリを開発する会社の社長の皆さんが喜んでくれたりして。そこから、会いましょうとお願いするとかなりの確率で実現していきました。

そこから、「ちなみに採用とか困ってませんか?」というとそのまま仕事に繋がったりするのです。普通にテレアポや問い合わせフォームからアポをとっていたら、向こうはお客さまで僕は営業ですから、当然そこには上下関係が生まれるわけです。

ですが、ブログを書くことで僕のGIVEから関係性が始まると、普通の営業として赴くよりも、相手とより深い話ができますし、会う前から信頼関係が構築されているので、非常にスムーズにコミュニケーションが進みました。

あくまでも僕個人の例ですが、「これをやったら本業の成果も伸びるんじゃないか」という仮説を立てて、複業をスタートしてみることも良いですし、上手くハマればとても良い結果に繋がります。

「やりたいことが見つからない…」と思い悩むのではなく、「やりたいことができる自分をつくる」ために、まずは「できることを増やす」ことからはじめてみるのはいかがでしょうか?

いつか「天職」と呼ばれる、「好き×得意」を仕事にするために。

・  ・  ・  ・

これから複業をはじめたい、という人向けに書いた『複業の教科書』(ディスカヴァー・トゥエンティワン社)絶賛発売中!

COMEMO by NIKKEIにて『複業の教科書』を毎日連載中!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!Twitterでツイートしてくれたらリツイートします!
154

U-29世代のキャリア論

U-29世代による、U-29世代の、U-29世代のためのキャリア論をお届けします。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。