見出し画像

本当に「紙の名刺」はなくなるのか?

名刺管理アプリのEight。本当に便利ですよね。ぼくもヘビーユースしてます。名刺のスキャンか面倒なのですが。
そのEightさんが新たに「オンライン名刺」なる新機能をリリースしましたね。

スマホで名刺交換、もう紙はいらない! Eight、新機能「オンライン名刺」をリリース

この機能、一見とても便利に見えるのですが、何となく使用シーンが思い浮かばないんですよね。

名刺交換のシーンを想像してみましょう。

ぼく:はじめまして!ご挨拶させて下さい。
相手:はじめまして!よろしくお願いします。

はい。ここでストップ。
この時、一つの判断が入ります。
紙の名刺が入っている名刺入れを取り出すか、Eightがインストールされたスマホを取り出すか。

判断にあたり見極める必要があるのが、果たして相手が「A:紙の名刺が入った名刺入れ」と「B:Eightが入ったスマホ」のどちらのユーザーなのかということ。

確率として、A>Bなのは自明ですよね。一般のビジネスパーソンであれば。

残念ながら、名刺交換をするようなシーンにおいて、相手がEightのユーザーなのかどうかを確かめる術はありません。

そう考えると、上のシーンで取り出すのはほぼ全員BではなくAの名刺入れなワケです。

なぜ紙の名刺はなくならないのか?

仮にEightがどんどん認知度が上がり、世の中のビジネスパーソン全員がEightユーザーになったとしましょう。

その時、紙の名刺はいらなくなるのでしょうか。

答えは「否」です。

その理由はシンプルで「アプリでの名刺交換は簡単なようで実は面倒だから」です。

それぞれのシーンのプロセスを見てみましょう。

アプリの場合:
①スマホを取り出す
②スマホのロックを解除する
③アプリを起動する
④オンライン名刺交換ボタンをタップする
⑤通信する
⑥相手とつながる
→名刺交換完了

ざっくり、こんな感じですかね。
一方紙はいかがでしょうか。

紙の名刺の場合:
①名刺入れを取り出す
②名刺入れから名刺を取り出す
③株式会社●●の××です、と名刺を差し出し、受け取る
→名刺交換完了

はい。たったの3ステップなんですね。
一方、アプリだと6ステップもかかります。
場合によっては「相手が見つかりませんでした」とネットワークエラーになることもあるでしょう。

「紙の名刺なんていらねーよ。早くなくなればいいのに。」

という意見はよく耳にしますが、「ビジネスシーンにおけるはじめましてのコミュニケーション」がなくならない限り、紙の名刺がなくなることはしばらくはないかなと思っています。

Facebookが名刺交換アプリをはじめたら別問題

ですがね。ふふふ。

#名刺 #アプリ #ビジネス #コミュニケーション

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!Twitterでツイートしてくれたらリツイートします!
20

西村創一朗(複業研究家)

複業研究家/HRマーケター。元学生パパ。HARES代表取締役/ランサーズ株式会社 タレント社員。NPO法人ファザーリングジャパン理事。30歳3児(11歳👦🏻/7歳🧒🏻/3歳👧🏻)の父。首都大学東京法学系卒。お仕事の依頼は→ s.n@hares.jp

nマガ-西村創一朗の人生を編むnoteマガジン-

nマガは、西村創一朗 @souta6954 の日常を徒然なるままに書き綴るノートです。

コメント2件

SNSを教える、にシフトしていくと思いますよ。
最後のご提案、ビジネス交流会でFB交換なら、むふふですね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。