ソビエトカルチャーマガジン

第3回 マッチラベルを読む

1950年代から80年代にかけて盛んに発行されたロシアのマッチラベル。
ロシアならではのデザインセンスを楽しみながら、ロシア語を読み取って
生活の様子をのぞいてみましょう。

充実の公共サービス

電話、郵便、保険。とても安かった公共サービス。でもちょっと
古臭いシステムもあり、速さと言う点では大いに不満も。

もっとみる

Музей Детства (子供時代博物館)①

Introduction

ソ連時代から半世紀以上に渡り子供用おもちゃの殿堂として愛されてきたДетский мир(ジェーツキー・ミール)。長い改装工事を経て2015年に再オープンした館内上階には、その歴史を偲ぶ小さなミュージアム《Музей детства 子供時代博物館》が併設されている。
※TOP画像はДとМを組みあわせたおなじみのロゴマーク。

ミュージアムへと続く階段脇には、ソ連時代の

もっとみる

『ロシアにおけるモード100年:1915-2015 〜アレクサンドル・ワシリエフのコレクションより』①

開催期間:2015年11月6日~2016年3月13日
会場:ВДНХ(全ロシア博覧センター)64番パビリオン
オーガナイザー:VDNKh JSC、Alexander Vasilyev

1905年と1917年の2つの革命、2つの世界大戦、そして国家崩壊とその後の再編に伴う出来事――数々の社会的混乱と変化にさらされたソビエトの歴史を、アレクサンドル・ワシリエフ財団のコレクションから顧みる展示。帝政期

もっとみる

第2回 マッチラベルを読む。

1950年代から80年代にかけて盛んに発行されたロシアのマッチラベル。
ロシアならではのデザインセンスを楽しみながら、
ロシア語を読み取って生活の様子をのぞいてみましょう。

【健康食材、健康生活】

ソビエト体制のもとで食品は大量生産へ。
手作りが当たり前だった食品や食材さえいつでも店頭で買えるようになり、それが「健康食材」として浸透していきました。

もっとみる

第1回 マッチラベルを読む。

※本マガジンの文章と画像は、企画者・ありよしきなこ氏に協力頂き、NHKまいにちロシア語の連載「マッチ箱の小さなロシア」(2016年4月~2017年3月)を再掲したものです。

************************

火を使いたい時にシュッとひと擦り。
マッチはどこの家庭でも活躍していた身近な道具でした。
箱に貼られたラベルはコレクションとしても人気で、「マッチラベル収集」を意味する《フ

もっとみる