ふざけた夢だった。

朝起きて、ふふふっと笑ってる自分がいた。

隣には1歳2ヶ月の息子がコロンコロン転がりながら寝ていた。

その隣には、深い深い眠りについている夫がいた。

そんな彼らを横目に、声に出して笑ってしまったのは、夢のせいだ。

ちょうど1年前に父が遠くへ逝ってしまった。

孫に会わせられたのは、たったの2ヶ月。

間に合ったっちゃ、間に合ったし。間に合わなかったというほうが、しっくりくる。

その父が夢に出てきたのだ。この1年で初めてかもしれない。

あんなに会いたいと思っても出てきてくれなかったのに。

ふと出てきた。

ふと出てきて、タクシーを止めてくれて、乗せてくれた。

なんだよ、それ、っていう夢。

でもさ、そんなふざけた登場じゃなかったら

きっと私は泣きながら目覚めたんだろうなと思う。

ふふふっと笑いながら目覚めれたのは、パパのおかげ。

「夢のなかでタクシー止めてくれたのよ、パパが」と話す私に、

「いい夢だね、それ」と言ってくれてホッとできたのは、夫のおかげ。


*写真は、タクシー代を払いたがる息子です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19

Soyon Kim

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。