カセットテープをリリースするということ #1

リスニング文化の研究マガジン、第一回目のゲストは、ZOMBIE FOREVERというカセットテープをリリースするレーベルを運営されている森幸司さんをお迎えし、現在の日本のカセット事情についてインタビューさせていただきました。 スペシャカレッジ通信 串田

串田

すんません、いきなりメールして。ご挨拶いいですか?

森  

自分名刺ないんですけど。

串田 

もうレーベルやられて長いですよね?

森  

2007年からやってますね。はい。

串田 

写真、ぱしゃぱしゃ撮っちゃっていいですか?気になる感じですか?

森  

いや、気にしないです。

串田 

あっそれカセットテープですね。
やっぱものとしていいですね。
僕、ZOMBIE FOREVERさん知ったの、
Hi,how are you?さんのリリースなんですよね。
そういう人多くないですか?

いや、どうですかねー(笑)
僕もともと山形なんですけど、
Hi,how are you?は、僕が山形でイベントやってる時に、
高校生としてきてて、
その後に京都にいって、バンドやってたみたいで、
リリースにつながったんですよね。

串田 

ちなみにこの中で一番古いのはどれですか?

Hi,how are you?ですね。

串田 

これ、ジャケとかは手描きですか?

いや、手描き風ですね(笑)

串田 

では、この一本目のカセットテープをリリースすることになった経緯   を教えてもらっていいでしょうか?

森  

めっちゃ長いからなー。

串田 

まーいいじゃないですか。(笑)
そういうインタビューなんだし。

森  

2007年からレーベルを始めて、
山形の知り合いのアーティストのCDを全国に広めたいなーっていうのがまずあって、
やっぱり全国流通させたいねってなったんです。
で、友達のつてを借りて、スペシャの流通の方と知り合って、
CD出してみたんです。
その節は、関さんに大変お世話になりました。

串田 

はいはい。まずはCDを全国流通させてみたんですね。

森  

でもCD自体、僕らドインディーなんで、
出していくのが大変になっちゃって。
CDとツアーでレーベルを回して行くのがつらくなっちゃって。

串田

なるほどー。

森  

在庫も部屋の中すごいし(笑)
「どうすんのこれ?」みたいな。
その当時、僕が結婚したこともあって、
やばいなーってことにだんだんなっていって。

串田 

新婚生活で部屋が在庫の山(笑)

森  

そうなってちょっとこれは辛いねってことになっていったんです。

串田 

そっからカセットテープリリースにどうつながっていくんですか?
そもそも森さんカセットテープ世代じゃなくないっすか?

森  

家の問題だと思うんですけど、
僕はだいたいカセットでしたねー。
もともと親がごっついカセットデッキ持ってたんですよ。
それを僕がずっと愛用してて。
カセットは、レコードとかを落として聴いてました。
で、カセットテープ聴いてると、
だんだんこれでいんじゃないかなーっと思ってきたと同時に、
カセット出したらどうなるかなーと思ってきたんです。
もともと自分的には、CDに不信感が強くて。
アーティストを広めるためだけだったらいいんですけど。

一回、パッケージにこだわってやってみようということで、カセットテープになりました。

串田 

そこでなんでレコードにいかなかったんですか?そこが面白くて。

森 

アナログは、高いんです!原価が。

串田 

あー高いんですね。

森  

カセットだったら100本5000円とかで買えるんで、
1000円とかで売っても成り立つんですよね。

串田 

なるほど。まず、カセットテープは安い。

森  

10分テープとかだったらもっと安いですね。
まだ東京電化ってところが、ブランクテープを作ってて。
これだったら、自分らでラベル貼って、小ロットでリリースできるん
じゃないかって考えにいたりましたね。

あと、在庫がね。
レーベルは山形にもう一人運営がいて、
そいつが工場役、ってか作ってるんですけど、
注文あったら作る的な。受注生産スタイル。

録音もデッキがあってできるし、ラベルもプリンターで作れるし。

串田 

もう全部手作りでできちゃうんですね。
カセットテープにしよっかなって思ったきっかけってもう少し話して
もらっていいですか?

森  

今のところ、カセットテープデータに一番されずらいメディアってことですね
でも、やっぱり売る時は、CD付けたり、ダウンロードコードをつけたりしてるんですけど。
付けないと、やっぱり数は売れないんです。
みんな家で聴けないから(笑)
でもカセットテープ聴くために、デッキかってくれた人もいっぱいいます。

串田 

僕もやっぱカセットテープ興味あるけど、
まずデッキ買わなきゃなー的な。

森  

そうですねー。
まっ、「聴けないんすけど」とかは結構言われますね。

串田 

じゃあなんで売れるんですかね?

森  

聴けないけど、買うわー的な。
でも、安いカセットテープウォークマン買い集めてるんすよね。
それ一緒に売ったりして。

串田 

やばい。(笑)
ヤフオクとかですか?

森  

ヤフオクとかは高くて。
質のいいジャンクを買ってます。
壊れてる箇所は、友達に直してもらったりしてます。
100円とか200円とかのやつで、直ったらいいかなー的な感じで
買い漁ってます(笑)

串田 

カセットテープ文化を作るのもなかなか大変ですねー。


ZOMBIE FOREVERからの補足情報
山形出身で高校時代ゾンフォー企画によく遊びにきてくれていたのはHi,how are you?の原田くん(♂)。彼は京都に行ってからodd eyesのベースとしても活動していました。
「レーベルは山形にもう一人運営がいて、そいつが工場役」の"そいつ"が鈴木です。ZOMBIE FOREVERの工場長です。今は山形で鈴木が全部つくってます。
部屋の中を埋め尽くしていたCDの在庫はもう大分なくなってます。カセットテープ同様、一枚一枚大事に売ってます。どこかに売ったりしたことは一度もありません。

#2に続きます。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

リスニング文化研究部

音楽の楽しみ方って、別にCD買って聞くだけじゃないってことは分かってるけど、そのへんのことをもっと知りたい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。