見出し画像

「人は平等には生まれてこない。それでも生きて行くのだ! 半生を振り返る 社会人編 序章 」

社会人になると、また課題や問題が出てくる。

学生時代の苦悩とは楽ちんなことだったのだと思い知らされる。
あれほどの苦悩を味わったのに人生とは苦悩の連続だと感じられた。

★ 社会人としてのコミュニケーション能力不足

★ 名前が覚えられない、短期記憶ができないので仕事に支障
(ケアレスミスが多過ぎて、簡単な仕事にも支障がでる)=>(弱みを強みにする術を見つけ出す)

★ 更なる怪我や病気により、就業が厳しい時代を過ごす
(外出も不可能なぐらいに体調不良になる)=>(結果として弱者の立場でビジネスが出来るようになる)

★ 自分に自信を持つ為に始めた肉体改造、どん底からの這い上がり。
(大人になってからスポーツを始めたが、最初は最下位レベル)=>(大人になってから格闘技を始めて、非力でも出来る肉体改造メソッドを創造した。いくつかのスポーツで優勝も経験)

★ 日本人らしくないので、英会話を始めて人生が変わった。(日本人として生きづらさを感じる)=>(英会話を独学で初めて英会話講師にもなる)

社会人編では、学生時代以上にどん底に落ちたが、代わりに大いなる飛躍もしている。

では、では。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

違う角度から面白い記事を書きます! ポチっと、少しばかりのサポート宜しくお願いします。 おおきに

マジっすか! めちゃくちゃ嬉しい。ほんまにおおきに!
2

KAZUN(カズン)~成功は情熱の後にやってくる:

ボディトレーナー兼講師&コラムニスト&バイリンガル 不器用を愛しています。(*^_^*) 不器用あるある!を公開中&改善策を公開中!人生謳歌中♫。Youtube:https://www.youtube.com/channel/UC03PkFfe7RgSnpeEZn0z8sQ

カズンの半生について自己紹介編

Noteを書く上でまず、自分の半生を書いてみました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。