MEDULLA 再出発のお知らせ

いつもMEDULLAをご愛顧いただいているお客様、ご支援いただいている皆さまには、心より感謝申し上げます。
MEDULLAを提供しております株式会社Sparty代表の深山です。

このたびは、弊社商品をご信頼いただき、日々ご使用いただいていたところ、商品の回収ならびに配送を一時停止する事態となり、お客様に大変なご心配と多大なるご迷惑をお掛け致しましたこと、深くお詫び申し上げます。
(商品の回収につきましてはこちらのお知らせをご確認くださいませ:https://medulla.co.jp/20181101-2/

本日発表をさせていただきましたが、サティス製薬さまと資本業務提携を結びMEDULLAの新たな販売製造元としてお力添えをいただくことになりました。
(本件についてはこちらのプレスリリースをご確認くださませ:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000034407.html
サティス製薬さまの多大なご尽力もあり、本日皆さまへMEDULLAの再出発についてお知らせさせていただくことができています。

今後のお知らせの前に僕らがこれまでMEDULLAと歩んだストーリーを少しだけお話させてください。

始まりは、たった1人でした。

以前から"ブランド作り"に強い関心を持ってた僕は「WEB上でオーダーメイドできるシャンプーブランドを立ち上げたい」という夢を抱き、独立を決意しました。
でも右を左もわからなくて、色々な人に聞いて回るしかありませんでした。

たくさんのNOを言われましたし、時には諭されることもありました。
そんなの実現できないと。そうなんです、普通に考えたら実現できないんです。

でも、そんな中でもほんのわずかな人が助けてくれるようになって、
メンバーも1人、また1人と増え、
何回も話して、試して、またできないかもと思って、それでもやってみて。

夢と想いと執念だけで生まれたもの、それがMEDULLAでした。
そしてMEDULLAは今年の5月22日に産み落とされました。

そうしたら思いがけない数のお客さまに、可愛がっていただけて。
もちろん厳しいご意見もたくさんいただいております、
でもそんな中でも少なくても愛していただける方が現れて、
僕らは親の気持ちで、毎日お客さまの反応に一喜一憂しておりました。

しかし、そんな中でMEDULLAは最悪な形で転びました。可愛がっていただいたお客さまを裏切る形で。
多大なるご迷惑をお掛けし、重ね重ねお詫びを申し上げることしかできません。

MEDULLAはもう立ち上がれない、やっぱり実現できなかったんだ。

そんな言葉をかき消したのが、僕らの夢や想いだけに賭けてくれた株主の皆さま、
リスクを承知で実現に向けて新たに製造を引き受けてくれたサティス製薬の皆さま、
そして何よりも僕らに暖かい言葉をかけてくれたお客さまでした。
お手紙やメールで頂いた再開を待つ声には何よりも励まされました。

もう1人ではありませんでした。

MEDULLAは多くの方々に支えられて、11月末〜12月頭の販売再開、
そして来春に予定するリニューアルに向けて新たに歩き始めることになりました。

僕らのサービスは、まだまだ改善するところばかりです。
オーダーメイドを実現する処方・製造フローもとても実現できたとは言えません。

ただサティス製薬という素晴らしいパートナーに出会え、二度とこのような事態が起こらぬよう、僕らはMEDULLAの品質改善と安定供給に誠意取り組んでいきます。

僕らの夢と想いと執念は消えてません。
夢はまだ始まったばかり、
みなさまに支えられて立ち上がり、
再度みなさまと共に歩いていければと考えております。

この先たとえ似たような商品がでてきても、僕らの夢だけはコピーできません。

処方の数で競うなど本質を見失うことなく、お客さまと直接繋がって、お客さまの本来の魅力や個性を引き出し、ライフスタイルを彩っていけるようチーム一同全身全霊を尽くして参ります。

まずは、MEDULLA再出発のお知らせまで。
再開の詳細のタイミングについては、わかり次第すぐにお知らせさせていただきます。

この度は多大なるご迷惑をお掛けしてしまい、誠に申し訳ございませんでした。
これからもMEDULLAをどうぞ、よろしくお願い申し上げます。


photo by 山本魁人

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

16
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。