ライフオブパイの考察

この考察を読む前に一度『ライフオブパイ/トラと漂流した227日』を見てみてください!この考察はネタバレを含みます。もう一回言うよ!読む前に一回見てみて!!それでなんでこれお勧めしたんだろ…ただのトラカワイイ、映像美スゲー!ていう映画じゃないの?って思った人!そんな君に特に読んで欲しいんです。

(以下は昔にネットで大量に調べた事を基にして思い出しながら書いています。なので曖昧な記述や不確かな箇所があります。また、自分が一から考え出したわけではありません。『ライフオブパイ』はいろいろな解釈ができるので他の人の考察も読むとすごく面白いです!!というかこのノートよりライフオブパイ 解釈/考察/感想 などで検索してみてほし…)

実を言うと私も見てる途中から「海きれいだな~でもありえないなー」ってなってきて、綺麗すぎて逆に現実味に欠けるというか…CGにこだわりすぎて描写が雑じゃない?って感じで30点くらいかなーと。

でも、最後のシーンで「コックは青年の足を魚を捕るための餌代わりにして…そして青年を食べ(カニバリズム)…コックと母は喧嘩になって母は殺され…死体は投げ捨てられサメのえさになった…僕はコックを殺した…そしてコックと同じように人を食べ…」って言ってたのでえええええ???ってなりました。

「ん?っていうことは母親は殺されて?動物は居なくて??」
「え、トラは??」って。
「トラはもしかしたらいなかったの??」

え??????
どういうこと?????(読解力がないので理解するのに227日かかる)

トラと漂流した話じゃないん???

…とりあえずもう一回見てみようと二回目を見たとたん伏線、暗喩が出るわ出るわのオンパレードで!もうこれは一個一個考察していかねばと思ったんですよ。

まずは最初に疑問に思った台詞を書き出してどういうことなのか考えていきましょう。

ハイエナ=コック
シマウマ=青年
オランウータン=母
トラ=パイ?

この4名がツィムツーム号から救命ボートに乗れた人たちですね。

あ、ちなみにツィムツーム号って何?日本の船なん?って調べてみるとツィムツームは「縮小」という意味だそうです。ノアの箱舟ってことですかね。

(なんで日本語なの?って思ったら原作は対馬号らしく検索してみると実際にあった漂流事件が出てきました。)

肉食のハイエナが野菜しか食べれないパイたちに肉を無理やり食べさせようとするコックを表し、菜食のシマウマが宗教を理解していた優しい青年を表しています。子供がいたオランウータンは母親ですね。トラ=パイは後で記述しますね。

(あ、オランウータンの名前がオレンジジュースってどういうこと?って思ったんですがオランウータンの語源はorang(人)(オレンジ?) hutan(森) = 森の人とのことでした。だから何って感じだけど) 

パイはヒンドゥー教(ほかの宗教も信仰していますが)のベジタリアンですよね。野菜しか食べられません。でもこの状況では生き物を食べないとやっていけない、そして最終的に人を食べた…。うぅーん…。

小さいころから心の拠り所がパイにとっては宗教なのに…生きるために信仰を捨てた?…神を信じることが生きること?…宗教って何なんだろうって考えさせられます。(あまり宗教には詳しくないのでここら辺はさらっと)

トラがネズミを食べた後パイが嘔吐します。これは船酔いからだと思ったのですがトラ=パイだと考えるとはじめて肉を食べてしまった嫌悪感からくる嘔吐なのかもしれません。

パイの涙も深い悲しみからだと思っていたけどベジタリアンなのに肉を食べてしまった後悔からくる涙なのかもしれない、と感じるようになりました。

(ライフオブパイの面白いところは一回目に視聴したときに感じる意味合いが何回か見ると違うものにも見えてくるところだと思います!!)

話を戻しまして、じゃぁトラ=パイを明確にしていきましょう。

飼育員の名前がリチャード・パーカーでトラの名前がサースティだったんだけど手違いでリチャード・パーカーがトラの名前になってしまったんですよね。

リチャード・パーカー??何か意味があるのかなと思って調べてみたところ公式HPにこんな記述が…

恐怖小説家ポーを卒論で書いたポー大好き人間としてこれは興奮ものですね!(どうでもいい)そしてこの後に…

え…えええええええ!!!ポー凄い…(?)

あーこのいわくつきの名前を使いたかったからぁとずっと思ってたんですけど、え、じゃぁサースティに意味ってあるのかな?と思って見返してみました。

す、すると何げないパイの子どもの頃の教会のシーンで

「喉が渇いたか?」みたいなシーンがあるんですよ。

ここの英語が
"You must be thirsty."

サースティを名前として訳すと
「あなたはサースティに違いない」

・・・ここにつながってたのか!

パイ=トラ!!!

あー!やばい!やばいよ!!字幕仕事して!!!(できない)

海を見つめるトラのアップからパイのアップに変わる場面もありました。

あ、そういえばパイとトラの初対面のシーンで(トラウマになったよね…トラだけに…)

「お前はトラの目に映る自分の心を見ただけだ」

ってお父さんに言われてたね。。。

(伏線大好きなのでこの流れはかなり興奮してました!)

それでは、「人間のパイ」と「トラのパイ」にはどのような意味合いがあるのでしょう。

人間はパイの理性や信仰などの人間的な部分を表していて、トラはパイの本能や衝動などの動物的な部分を表していると思って映画を見返してみると「理性」と「本能」の葛藤が表現されているようにみえます。

ハイエナがオランウータンを殺したときにボートにかぶった布から突如でてきました。それまで全くいなかったのに母を殺されて理性が怒りを抑えられなくなってしまったようです。その後ハイエナを殺したトラ(本能)に恐れ、パイ(理性)は救命ボートからいかだを作って逃げていってしまいます。

(個人的にハイエナがぶるぶると震えてたシーンは悲しみ…コックもそうせざる終えなかったし(本能的に)、殺されても仕方ないと諦めていた(人間の倫理的に)感じが表現されている気が…)

救命ボートがパイの心の中だとすると本能が全てを支配していて、過酷な状況で理性が心の中からいなくなってしまったと解釈できます。

救命ボート=パイの心の中

パイ(理性)とトラ(本能)がどの位置にいるかを考えながら映画を見返してみるとまた面白いですよ。

大陸について安堵したパイにとってもうトラ(抑えられない本能)は消えていったということですね。


無人島になってくるとありえない描写がどんどんでてきますね。パイが極限の状態で朦朧とした中での妄想なのではと考えてしまいます。

これは死んだパイの母親を暗喩した島なのではないでしょうか。

(神のお恵みと言っているのでヴィシュヌ神を表しているのかも?でも今回は母親説を推したい)

なぜかというと食料になる根っこをよくよく見ると切株が赤いんです。(仕事が細かい!)根っこが入り乱れている様は人間の毛細血管のようです。島の全容が人間の形だし…

また、パイが小さい湖で泳ぐ描写があります。長い漂流生活の中で癒やされたひとときでした。でも夜になるとその癒やしの湖が全てを骨にする酸性の湖に変貌します。(これは母親の羊水を表しているのでは?)

蓮の花?から歯が出てきたり、ミーアキャット以外に生物がいなかったりと肉植樹の島だとパイにはわかります。

(蓮の花は宗教的にも重要でいろいろなシーンで出てきます。ここでは、アーナンディを追っていたパイがダンスの意味を尋ねるシーンで

「神の愛は森に隠れている」「いえ、蓮の花の意味よ。」「なぜ蓮の花が森に?」という会話からきていると思われます。)

とすると、この無数のミーアキャットは何を示しているのでしょう??
調べてみると
………
母親の死体に群がる蠅、蛆………

…っ!!なんてこった…

確かにミーアキャットの下にはたくさんの骨が…
ミーアキャットもふもふ可愛いって思ってたのに…!!!というか、この映画はもう「動物かわいーw」って言ってられないですよ…ぅぅ…

上の画像も一気にホラー画像に…
確かにパイはミーアキャットに対して可愛い!っていうより手で払ってる感じでしたもんね。

(死体に集まる精霊?霊魂?では…と言う解釈も聞きました。それはそれで魂の救済と捉えられ宗教的な解釈ぽくていいですよね) 

すごくバラバラと書きましたがそろそろまとめなくては…

最後に副題「トラと漂流した227日」について227日なんて漂流できるのか?227日もあった?と思って調べてみると

22÷7=3.142857・・・

・・・。
あぁ…これは割り切れない物語なんだなと心底思いました。もうこの副題からしてありえない話なんですよね。
冒頭に「綺麗すぎて逆に現実味に欠けるというか…CGにこだわりすぎて描写が雑じゃない?」って言いましたがそれで合ってたんです。

だってこれはパイが作ったお話だから。辛すぎる現実ではなく美しい想像の世界。お伽話だから動物たちの死体も出ない。かわりにファンタジーな島が出てきて…。救われてるんだか救われてないんだか全然わからないです(涙)

(私ゴテゴテのCG映画好きじゃないんですよ…。でもこれはCGじゃないと意味がないですよね。映画を撮る手法にも意味が出てくる感じがして…もう凄い…語彙力…)

バナナは浮かぶのか浮かばないのか…いっぱいあったら沈みそうだけど浮かぶのかな?嘘か本当かわからないような微妙な表現もいいですよね。

「菜食主義は変わりない」といい、自分の息子に「ラヴィ」と名付けていて(ラヴィはパイの兄の名前ですよね…)パイは宗教をとったんだなと感じました。またいつかトラが現れるかもしれないけど。

最後にパイの台詞を残して終わりたいと思います。

「(トラがいる話といない話)どっちの話が真実か証明できない…  

あなたはどっちがいい?」

(こんなに述べたけど私もトラがいる話を信じます…。)

最後まで読んでくれてありがとうございます!よかったら感想を教えてね!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

39

spicy-ferret

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。