見出し画像

【2018年】企業によるスポーツ・スポンサーシップ活用事例&関連記事44選〜アクティベーション&アンブッシュベスト3もご紹介〜

2018年、私は44本のスポーツビジネスやスポンサーシップに関連する記事を書きました。

特に企業によるスポンサーシップの活用に関しては、海外と比べると、日本ではまだまだ発展の余地があると考えています。そのため、海外の優れた活用事例をこれまで数多く紹介してきました。

企業認知の獲得、ブランディング、セールスUP、市場開拓、CSR/CSV、ビジネス人脈形成、インナーマーケティング、自社テクノロジーのショーケース利用など、企業が抱える課題を解決する手段としてスポンサーシップの活用方法は多くあります。

そして、こうした企業によるスポンサーシップの活動は「スポンサーシップのアクティベーション」と呼ばれています。

一方で、スポンサーではない企業が大型スポーツイベントに便乗するマーケティングのことを「アンブッシュ・マーケティング」と呼び、海外ではユニークな事例が多くあります。

このnoteでは、2018年に「SPODIGI 【スポデジ】」で書いた記事やスポーツビジネスメディア「スポーツスポンサーシップジャーナル」様に寄稿した記事をまとめてご紹介すると共に、個人的に優れていると感じたアクティベーション&アンブシュマーケティング事例ベスト3などをご紹介したいと思います。

*非常に長くなってしまったので、「アクティベーション事例ベスト3」「アンブッシュマーケティング事例ベスト3」「番外編」の3つだけでもぜひご覧いただけたら幸いです。

Twitterアカウントはこちら


アクティベーション事例ベスト3

①LIXIL×鹿島アントラーズ協賛25周年試合で行われた7つの企画とは?〜スポンサー企業によるスタジアム内外の施策を現地レポート〜

一つ目は日本の事例から。住宅リフォームのLIXILが鹿島アントラーズ協賛25周年記念試合で様々なアクティベーションを行なっていたものを取りまとめたものです。

キャプテン翼とのコラボなど、盛りだくさんの企画となりました。

②T-Mobile、MLBと共にハリケーン復興支援の寄付金額を決めるSNSキャンペーンを実施

二つ目はT-MobileとMLB(メジャーリーグベースボール)の事例から。選手が打ったホームラン1本につきT-Mobileが1万ドル、一般のファンが #HR4HR というハッシュタグをつけてTwitterに投稿する毎に1ドルが、ハリケーン復興支援の寄付金となるという企画です。

スポーツの与える影響力が社会的に認知されているアメリカでは、こうしたCSRと絡めたアクティベーションが非常に多くあります。

③【応援グッズ配布事例】ホームサポが知らぬ間にアウェイサポに?ペルー代表のW杯出場を支えた秀逸な応援企画

三つ目は、ちょっと秀逸な事例。W杯への出場をかけた「ニュージーランド対ペルー」戦で、ペルー代表のスポンサーであるビールメーカー「Cristal」が、ニュージーランドのサポーターに「遠くから見るとペルー代表のユニフォームに見えるTシャツ」を配布するという企画です。

この施策の効果もあってか、ペルー代表は見事ロシアW杯への出場を果たしました。


アンブッシュマーケティング事例TOP3

①【ロシアW杯のアンブッシュマーケティング事例】フォルクスワーゲンがW杯組み合わせ抽選結果をバナー広告で生配信

フォルクスワーゲンが、W杯の抽選結果をロシアスポーツメディアのバナー広告でリアルタイムに配信しちゃうという企画

②ネイマールの転がる演技効果でKFCの広告が200万回再生越え!【ロシアW杯のアンブッシュマーケティング事例】

ネイマールのシミュレーションが大きな話題となり、#ネイマールチャレンジ が流行ってことでバズった広告です。これを事前に予想していたことがすごい事例です。

③Umbro 、ロシアW杯で「W杯」と言わないイングランド代表の応援歌を作る

スポンサーではない企業がどのようにW杯と関連づけるか、その一つの方法として「応援歌」に着目したユニークな事例です。


番外編

上記とは別で、特に反響の大きかった3つの記事をご紹介します。

そのうちの2つは、Google データポータルと呼ばれるダッシュボードツールを活用し、2017年度の各クラブの決算経営情報を可視化した記事です。項目別、チーム別にすぐに確認できますので、ぜひご利用ください。

Jリーグ決算・経営情報

Bリーグ決算・経営情報

*Bリーグの葦原さんのようにスクショを撮ってシェアしていただくなど、ぜひ活用していただけらた嬉しいです!


ドイツ・ブンデスリーガ、スポンサーボードをARで国別に出し分けるテクノロジーをテスト導入〜将来的な地域ターゲティングが可能に〜

ARを使ってスポンサーボードの出し分けが可能に。いずれJリーグにもこの波がくるのではないでしょうか。


時系列別

ここからは時系列別に2018年に書いた記事をご紹介します。上記のランキングに入らずとも優れた事例が多いので、気になる事例がありましたらぜひご覧ください。

2018年1月

オリンピック オリンピックにVR導入、Intel (インテル) がスポーツビジネスに投資する理由とは?

MLBブリュワーズ、健康支援の地元NPOとスポンサーシップ契約

男子テニス、ランキング3位のディミトロフがハーゲンダッツとスポンサーシップ契約


2018年2月

ドイツ代表ケディラがポルシェのユース育成プログラムのアンバサダーに。任命理由とプログラムの狙いとは?

ブリジストンアメリカ、冬季五輪アメリカ代表のトップアスリートに会えるコンテストを実施

アンハイザー・ブッシュ、人気カーレース「デイトナ500」に500人を招待するキャンペーン


2018年3月

ラ・リーガのマラガ、乾所属のエイバルとスポンサー企業を結ぶビジネス交流会を開催

NBAマーベリックス、フリマアプリの5milesと胸パッチ契約

VANS、少女向けスケートボードのクリニックイベントを開始


2018年4月

マッチングアプリのTinderがマンチェスター・シティのパートナーに。#PERFECTMATCH の理由とは?

レアルマドリード、サムソンとTwitterでの配信コンテンツでパートナーシップ


2018年5月

【応援グッズ配布事例】ホームサポが知らぬ間にアウェイサポに?ペルー代表のW杯出場を支えた秀逸な応援企画

英サッカーのクリスタルパレス、ギャンブル依存防止キャンペーンを実施

第2回SSJセミナー「パナソニックが考える北米でのアクティベーション」レポート

北米展開のヘアサロンチェーンであるグレイトクリップスがNHL、NHL選手会と契約


2018年6月

【ロシアW杯のアンブッシュマーケティング事例】フォルクスワーゲンがW杯組み合わせ抽選結果をバナー広告で生配信

T-Mobile、MLBと共にハリケーン復興支援の寄付金額を決めるSNSキャンペーンを実施

Twitter、現役選手が出演するNBAファイナルのハーフタイムショーを配信


2018年7月

Jリーグ決算・経営情報

ネイマールの転がる演技効果でKFCの広告が200万回再生越え!【ロシアW杯のアンブッシュマーケティング事例】

スウェーデンのマクドナルド、全店舗でワールドカップ全試合をライブ配信

NBAバックス、ジョージ・クルーニーのテキーラブランドと契約


2018年8月

マクドナルド香港、ロシアW杯視聴者の「空腹時間」を狙って広告を配信 〜スポンサー企業によるリアルタイム施策〜

マンチェスターユナイテッド、水周り機器メーカーのKOHLERとユニフォームの袖スポンサー契約

メルセデス、イタリアでesportsグランツーリスモのパートナーに

Umbro 、ロシアW杯で「W杯」と言わないイングランド代表の応援歌を作る


2018年9月

ドイツ・ブンデスリーガ、スポンサーボードをARで国別に出し分けるテクノロジーをテスト導入〜将来的な地域ターゲティングが可能に〜

サッカーのコイントスでクレジットカード?ユニオン・ペイによるキックオフ前アクティベーション

第4回SSJセミナー「アンブッシュマーケティング最前線」レポート


2018年10月

LIXIL×鹿島アントラーズ協賛25周年試合で行われた7つの企画とは?〜スポンサー企業によるスタジアム内外の施策を現地レポート〜

パリ・サンジェルマン、ブロックチェーン企業と提携しファンが投票権として利用できる独自通貨を発行

第5回SSJセミナー「グローバル企業のスポーツスポンサーシップ戦略」

英2部クラブで、スポンサー製品をモチーフにしたマスコットが誕生

マスターカード、Facebook上でアジア大会開催地の部族ペイントができるARカメラサービスを公開


2018年11月

Bリーグ決算・経営情報

【2015年ラグビーW杯スポンサー事例】エミレーツ航空によるオフライン&オンライン統合アクティベーション

バイエルン・ミュンヘン、サポーターの声援を可視化するプロジェクト

フリマアプリの5miles、NBAマーベリックスと共同でリアルイベントを実施

ペイパル、NBAサンズの胸パッチスポンサーに。自社決済サービスも数多く導入

NBAブルズ、 ゴール上に設置カメラの命名権をゲーム会社が取得

化学メーカーのブラスケム、NFLチームを介しサステナビリティ活動を実施


2018年12月

第6回SSJセミナー「スポーツスポンサーシップと社会貢献活動」

エリクソン、PSGとのコラボで5G通信の性能PR


以上になります。

何かのお役に立ちましたら、いいね、フォロー、RTなど拡散していただけると幸いです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

50

SPODIGI【スポデジ】

SPODIGI【スポデジ】では #スポンサーシップ の #アクティベーション (権利活用)の海外事例とその分析記事を発信しています⚽️ SSJ(@_SSjournal )ライター 💻 #スポーツビジネス #スポーツマーケティング に興味ある方よろしくお願いします!🙇

#スポーツ 記事まとめ

noteに公開されているスポーツ系の記事をこのマガジンで紹介していきます。
1つ のマガジンに含まれています

コメント3件

第2回SSJセミナーではお世話になりました。
次世代の学生やスポーツ選手のためにnoteを始めましたので、良ければ見て下さい。
こちらこそ、貴重なお話をありがとうございました!
ぜひ、拝見させていただきます!
ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。